家づくり手帖

ARTICLE PAGE

23 2012

■梅雨時期の洗濯に便利☆



トップ画像は、我が家で大活躍中の室内物干しです。


雨天が続く日は、これに洗濯ものを干して浴室の乾燥機で乾かすようになりました。

浴室に竿が掛けられるようにしておくお宅も多いかと思いますが
私はどうしてもデザイン的に付けたくなくて付けなかったのです^^;

その上、実は洗濯機も乾燥機能ナシのものなので
雨天が続くと部屋干しにするしかなく、なかなか乾かないし大変だったのです。


そんなときに目に入ったのがこちら。


大きさを測ったら、バスルームで使うのにピッタリなサイズ♪
これだ!と思いました☆



洗濯機のそばで干したら、そのままバスルームへ直行。
20120623-1


キャスターが付いているので移動も楽々です^^
乾いたら、今度はそのまま畳む場所まで持っていけて楽ちん☆

高さは約133cmと、私の身長と15cmくらいしか違いませんが
なにも掛っていなければ、片手で持ち上げられるほどの軽さ。



そして日本製にはない、シンプルなデザインもお気に入り。
20120623-2


こんなふうにリビングにあっても嫌じゃないデザインって物干しとしては珍しい^^
本体の色がサッシの色とおなじシルバー系なのも浮かなくていいです。


冬は外よりもこのリビングの方が気温が高く陽が当たって早く乾きそうなので
こんな使い方もありかな?と思っています。
浴室の衣類乾燥は電気代も高いし(笑)



コンパクトに見えますが
工夫次第でかなりの量の洗濯ものが干せます♪
20120623-3


こんな感じで、6枚のフレームが独立しているので
干したいものに合わせてフレームのを掛けたり外したりできます。



全部フレームを外して枠にハンガーを掛けて使えば
ロングワンピースもOK☆
20120623-4

逆に、全部フレームを掛ければ、こんなふうにクッションを干したり
セーターなどハンガーに掛けて乾かしたくないものにも◎

色々と形を変化させられるのが便利です^^



ちなみにフレームの付け外しはこんな感じ↓
20120623-5


単純に引っかけるだけなので、何のコツもいりません。
シンプルな構造で良いです。
ビニールは、私は何となく付けたままにしていますが、たぶん取っても大丈夫。
むしろ取るべき?(笑)



折りたたみ式なので、使わないときは薄くなって隙間に収納できちゃいます♪
20120623-6


キャスターがなければほぼ、実寸で約4.5cmくらい。
キャスター部分を入れても8~9cmくらいの隙間があれば収納できます。

折りたたんだときの幅は約69cmなので
9cm×69cmくらいの隙間収納があれば、理想的ですね。


室内干しは、子供室にもホスクリーンを設置してありますが
ホスクリーンとちがって、こちらは干しながら部屋を移動出来るのがお気に入りです☆


個人的には、これで5千円を切るお値段はお買い得だと思いました^^

レビューも200件以上!売れていますね~!




-物干しのエムワールドファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト