家づくり手帖

ARTICLE PAGE

08 2017

■台拭きの定位置を作りました

20171208-1.jpg


我が家の台拭き。
使っていないときは、↑の写真のように
換気扇や水栓に掛けて乾かし
乾いてもそのまま…という状態でした。

ある日、うっかりそのままガスコンロを使ってしまったときに
乾いた台拭きが換気扇から落ちて
台拭きが、少し焦げてしまうという事件が。。。
一歩間違えれば、もっと大変なことになっていた可能性もあるので
台拭きの定位置を作ることにしました。




とりあえず、まだ変わるかもしれないので
なるべくお金を掛けず…というとで
100円ショップで探して購入したのがこちら↓

20171208-2.jpg


台拭きの大きさに合わせて

30センチ以上の幅 + シンプルデザイン + 取り外しが簡単

という条件で探したなかで
いちばんピッタリだったのがこちらでした。




ということで、さっそく設置↓

20171208-3.jpg


奥の「手拭きタオル」&「食器拭きクロス」を
掛けているバーもステンレスなので相性も◎

使ってみると、調理中にも邪魔にならず
なおかつ必要なときは、サッと手が届いてなかなか便利です。

いままで調理中はその時その時で
邪魔にならない場所に移動させていたので
使いたい時に、あれ?どこ?ってなるときがあったんですよね。

置き場ができたことで
そういったことがなくなりました^^




アップで見るとこんなかんじ↓

20171208-4.jpg


吸着盤がちょっと安っぽいなという印象ですが
少し前に張り出している形状なので
壁面と台拭きの間に隙間ができるのが◎

乾かすときは熱湯を掛けて、しっかり絞って掛けるようにしていますが
換気扇のに引っ掛けたほうが乾きは速いかな。




ちなみに、以前にも記事にしましたが
台拭きの隣のまな板の定位置は、手拭タオルと同じメーカーの
吸着盤で固定しているフックです。

20171208-5.jpg


このメーカーの吸着盤は取り付けに力が要りますが
いちど設置すれば、まず落ちることがないのが◎

どちらも壁面を利用することで
ワークトップは拭き掃除もしやすくスッキリ。

ちょっとしたことですが
毎日、毎食後のことなので掃除がしやすいことは
私にとっては重要ポイントです☆

私が購入したときよりも形状が
好みなかんじにリニューアルしてました↓



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment