■10月の外庭 -2017-

20171030-1.jpg


10月といえば金木犀!
昨年は、強く剪定した影響か花が咲かなかったので
今年、たくさんの花がみられてホッとひと安心。

庭に出るとフワ~と香る金木犀の香りに癒されています。




オレンジつながりで満開なのはランタナ。

20171030-2.jpg


金木犀の花の時期は短いけれど
こちらはとても長く楽しむことができます。
ただし香りはほとんどありません。




今は和名の「七変化」がいちばんしっくりくる時期↓

20171030-3.jpg


特にオレンジの七変化が面白いです^^
(イエローは変化なしです)

父がホワイトのランタナも育て初めていたので
大きくなったら株分けしてもらえるように頼み中。
ホワイトもイエローと同じく変化はないけれど
それはそれで可愛いのです。

ランタナは我が家の土とも相性が良いようで
花の少ない時期の庭の彩になってくれています。




こちらも花の時期が長い「紫御殿」。

20171030-4.jpg


花が咲いていなくてもカラーリーフとしてきれいなので
グランドカバーにもよさそう◎
夏の暑さにも強く、多年草で降雨のみでOKという
初心者にも扱いやすい植物です。




紫つながりの「ホトトギス」。

20171030-5.jpg


こちらも多年草。
まだ咲き始めたところで、つぼみがたくさん。
満開は来月になりそうです。




菊もたくさんのつぼみが色づきはじめました↓

20171030-6.jpg


どうも絶えてしまった色もありそうですが
逆にとても増えた色も。

菊は切り花としても持ちが良いので助かります。
たくさん咲い菊はブーケのように生けると可愛いです^^




立ち枯れさせてドライにした紫陽花↓

20171030-7.jpg


青系は花の終わりころに家の中で
少しの水に生けてそのままドライにしてもきれいに
色が残りますが、赤系はイマイチだったので
立ち枯れさせてみたら
アンティークっぽい雰囲気のあるドライになりました。
こちらでドライリースを作る予定♪

ドライフラワーで作ったリースは
直射日光がないところなら1年以上はもちますが
日が当たるところだと、半年くらいで色がほとんど抜けてしまいます。
それはそれで悪くないですが
少し色があったほうが、やっぱりいいなと思うので
きれいなドライができたら、作り直しています。

リースを作った時の記事はこちら
 → ■リースをつくりました


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment