家づくり手帖

ARTICLE PAGE

03 2016

■残り糸で

20161003-1.jpg


写真は、愛用している羽ハタキ。
もうかなり長く使っているので
羽が少なくなってきていますが、まだまだ現役です。




ある日、掃除をしていると紐が切れてしまいました。

20161003-2.jpg


掛け収納をしているので、紐は必需品。

最初は少し短くなるけど
結び直して済ませればいいかな、と思ったけれど
紐自体の繊維がかなり弱っていたので
新しい紐を付けることにしました。




どうせ付けるなら、愛着を持てるものにしようと
編み物で半端に余った残り糸を使うことに。

20161003-3.jpg


選んだのは、写真の3種。
糸の太さだけは合わせましたが素材はそれぞれ。
そのほうが面白い表情になるかな?と^^




ということで3本合わせて穴に通しました。

20161003-4.jpg


↑のように、手芸ボンドで縒って細くすれば
小さな穴にも簡単に通ります。

編み物でビーズを編みこむときに
太目の糸をビーズの小さな穴に通すときに使うテクニックです。




抜けないようにしっかり玉止めをしてから
3本の糸を三つ編みにしました↓

20161003-5.jpg


しっかり強い紐になるように、きつく
適当な長さまで編んでいきます。




完成☆

20161003-6.jpg


赤が効いた可愛い掛け紐になり満足☆
いっそう愛着のわく掃除道具になりました。




ちなみにハタキは掃除機をかける前に
テレビやスピーカー、PCなどをホコリを落とすのに使います↓

20161003-7.jpg


水拭きをすればホコリは取れますが拭き跡が残るし
乾拭きは静電気が起きやすいけれど
羽ハタキはそういったこともなく、とても便利。

昔からある掃除道具は優秀だなぁと思うのです^^

はたき、いろいろ↓
  


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

夕陽  

こんにちは~

使い込んでいる感があって、なんだかこういうの好きです。
小さなホウキとか亀の子たわしとか昔からあって手に馴染む道具を
いいなぁと思いながら見ているけれど、たんに使うだけでなく
ほんのちょっとお手入れしながら使う感じを惜しんでしまって
なかなか取り入れるまでにいきません。
密に憧れてはいるので、いつか私も使いこなしたいなぁ…

羽根をまとめる青い部分、そこがレトロないい感じの役割を
果たしているのかもしれませんね。
ヒモに選んだ色のどれかと同じにしたら、逆に今風になりそうですね。

2016/10/03 (Mon) 15:41 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんばんはー^^

> 使い込んでいる感があって、なんだかこういうの好きです。

仏壇用のものなのですが、ほかにも数本あるので
これは普段の掃除用にしていますが
かなり前から使っているものだと思います。

> なかなか取り入れるまでにいきません。

手に取ってみると意外と手間じゃなく
むしろ便利なんて感じることもあるかもです^^
私は嫁いで亀の子たわしの良さを知りましたが
もう手放せない家事の相棒のひとつです。

> ヒモに選んだ色のどれかと同じにしたら、逆に今風になりそうですね。

青い糸がなかったこともありますが
青と赤も可愛いなぁと思って選んでみました^^
青のレトロなかんじ、私もひそかに気に入っています。
次はどれだけ先になるかわからないけれど、切れたときに
青い糸があったら、使ってみますね。

2016/10/04 (Tue) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment