家づくり手帖

ARTICLE PAGE

04 2016

■毎年、あったらいいなと思っていたもの

20160704-1.jpg


ちょっと(かなり?)気が早いですが
寒中見舞い用の切手を購入しました。




喪中ハガキや連絡をいただいた方には
年賀状でなく、寒中お見舞いを出すようにしているのですが
そのときに貼る切手用に和柄のものが
あったらいいなとずっと思っいて
来年こそはと販売される特殊切手をチェックしていました。

20160704-2.jpg


簡単なようで、これがなかなか…
いいなと思うものは82円切手のみの販売だったり
やっと52円切手が出たと思ったら
季節が限定されるような絵柄だったり…^^;

そんなで昨年は、結局理想の絵柄に出会えませんでした。
なので、これを見つけたときは嬉しかったです。




本当にちょっとしたことですが
お正月っぽい「和」の雰囲気のもの使うことで
受け取った方にも楽しんでもらえたらと思っています^^

20160704-3.jpg


ちなみにこちらは6月17日に発売された
「和の文様シリーズ 第1集」というもの。

「第1集」とあるので、おそらく毎年「第2集」「第3集」と
発売されるのではないかな?と予想しているので
毎年しっかりチェックして、購入しておこうと思いますp^^q


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

夕陽  

こんにちは^^

寒中見舞いを出されるお気遣い、さすがですね。

我が家も昨年は喪中はがきを出したのですが、ru:riさんのように
寒中見舞いでお気遣いくださった方が一名いらっしゃいました。
夫の1つ下の職場の後輩の男性で独身の方でしたが、そういったお気遣いが
色んなシーンで見られる方で、「さすが!」とびっくりし勉強になりました。

LINEやメールなどが主流になって、お手紙が郵便で届くって機会が
少なくなてきていますが、キレイな切手が貼られているとうれしくなりますね。

2016/07/04 (Mon) 10:59 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんにちはー^^

年賀状だけのお付き合いになってしまっている方もいるのですが
やはり、それでも届くと元気にされているのだな~とか
感じることができるので
いつからか自分の中では普通なことになっていました。

特殊切手は昔はけっこうシールじゃなかったせいか
半端に残っている切手を見せてもらって
選ぶことができたのですが
今はシールシート売りのものが増えて
そういったものが少なくなってしまったのが
残念です。

2016/07/04 (Mon) 16:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment