家づくり手帖

ARTICLE PAGE

06 2016

■春アニメ 2016

密かにシリーズ化しているお気に入りアニメの紹介です。





今回は原作の小説が吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞している
スパイ・ミステリー「ジョーカー・ゲーム」です。




舞台は昭和初期。
日本のスパイ養成学校「D機関」の出身者や
関係者を主人公とする情報戦ミステリー。





「D機関」は戦前の日本に一時期に実在した
スパイ養成学校「陸軍中野学校」がモデルになっているそうで
昨年には、 亀梨和也さん主演で映画化もされています。




そして今回のアニメは、Production I.Gが制作。

Production I.Gといえば「攻殻機動隊」「精霊の守り人」「PSYCHO-PASS」など
クオリティーの高いアニメをたくさん作っている制作会社です。





そんな制作会社さんが手掛けたこともあり
登場人物がクールでカッコよく、スマートな印象に仕上がっています。




「死ぬな、殺すな、とらわれるな」という
軍隊とは正反対の思想で戦時中に暗躍しているD機関出身のスパイたち。

これは「スパイ=目立ってはいけない存在」であるがゆえの戒律ですが
それが作品の中の主軸となってストーリーに生かされています。





そのスパイたちを束ねる、結城中佐を中心に
「怪物」と評されるほどの 超人的な能力をもったスパイたちが
敵の裏をかき、時には味方も欺きながら
世界各地で繰り広げるスパイ活動。

個人的には、普段は知りえない世界とともに
ミステリー要素が加わっているのが、いちばん楽んでいるポイント^^

特にタイトルにもなっている
「ジョーカー・ゲーム」の1話・2話が面白かったです。

今は第5話が放送されたところですが
短編形式で、1話から数話ごとに主人公が変わるので
途中からでも見やすいアニメだと思います☆


他に見ているアニメ↓
    

「甲鉄城のカバネリ」はちょっと進撃の巨人と設定がかぶってるかな?
「文豪ストレイドッグス」は実在した文豪たちをモデルに、異能力をもたせたファンタジー。
「Re:ゼロから始める異世界生活」は気軽に見れる雰囲気のタイムリープ異世界ファンタジー。



    
「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」と「マクロスΔ(デルタ)」は録画だけして未視聴。
「坂本ですが?」はナナメ上をいくギャグマンガ。
「ドラゴンボール」も引き続き観ています^^



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

夕陽  

こんにちは~

なるほど今日も勉強になりました。
なかなか頭が回らなくて、季節の変わり目にうっかり見落として
しまうものなので、教えてくださってありがたいです。

うちは変わらずドラゴンボールとジョジョを見ています。
あの「全王さま」がツボで、「○○なのね」と夫婦の会話に
時々全王さまが降臨します(笑)

2016/05/06 (Fri) 11:30 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんばんはー^^

> しまうものなので、教えてくださってありがたいです。

今回は1話から数話で話が変わるので途中からでも楽しんでいただけると思います^^
大人な雰囲気のアニメでおススメです。

> うちは変わらずドラゴンボールとジョジョを見ています。

ジョジョ、こちらは放送していないのです。
人気作なのになぜ~?!です。

> 時々全王さまが降臨します(笑)

全王さま、何ともいえないかわいらしさがありますよね。
うちでは、ベジータが「貴様っ!」というのを
夫が冗談で使ったりしています(笑)
ブルマに使うときは照れ隠しだったりして
それも可愛らしいなと^^

2016/05/08 (Sun) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment