家づくり手帖

ARTICLE PAGE

02 2016

■「茗荷の親」簡単レシピと「木の芽」味噌

20160502-1.jpg


トップ画像は父が送ってくれた野菜の中に入っていた
「ミョウガの親(ミョウガタケ)」(写真は一部です)

ミョウガは家でも育てて(というか、勝手に生えてくれる)いますが
今まで地面の上の茎(ミョウガの親)が食べられることは知りませんでした。




ネットで調べると刻んで「味噌汁」に入れて食べるのがおススメとのことで
さっそく刻んで味見をしたら、なるほど~ミョウガのようなお味。
って当たり前ですが、見た目から想像できなかったのでびっくりしました。

20160502-2.jpg


お店で売られているものは、日光を当てずに育てるので見た目が白いそうですが
新芽の時期なら、緑になっていても刻んでしまえば
そんなに固さも気にならず、しゃきしゃきの歯ごたえがよくて美味しいです◎




父が教えてくれた「ご飯がススム」レシピ↓

20160502-3.jpg


1,2ミリの太さで刻んだ生のミョウガダケに
写真のものを「醤油 → イチミ → 鰹節」の順で混ぜるだけ。




醤油やイチミは味を見ながら好みの濃さで☆
鰹節はたっぷりのほうが美味しいです。

20160502-4.jpg


義母も食べたことがないと言っていたので
案外食べられるのを知らない人も多いのかも?
と思い記事にしてみました^^




こちらは我が家で定番の木の芽味噌。
お豆腐や、炊いた大根に添えると木の芽の香りが引き立って
普段の倍美味しく食べられます♪

20160502-5.jpg


・木の芽…40~50g
・赤味噌…100g
・三温糖…60g
・酒…大1
・みりん…大1
・白胡麻…大1

木の芽以外の調味料をすべて鍋にいれて
弱火で練るように混ぜて、味噌が適度な固さになったら火を止めて冷ます。
味噌が冷めたらミキサーで刻んだ木の芽を入れて混ぜ合わせる。
※木の芽は変色防止のため、味噌に混ぜ合わせる直前にミキサーにかける

これを作ると山椒の新芽の季節だな~と感じる1品です^^


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

夕陽  

こんにちは~

茗荷の親、私も知りませんでした。
ごはんに乗せたり、混ぜご飯にしておにぎりにしてもよさそうですね^^

一般的なあの茗荷、私はお味噌汁に入れて食べるのが好きなんですが
夫が茗荷がダメで結婚以来自宅では食べていないかも…
夫が飲み会の日に実家で夕食食べさせてーと母にリクエストして
頂いています。 好き嫌いが多いのカンベンしてほしいです、ほんと。

木の芽が乗っているだけでも、料亭のようなイメージがあるので
それで出来たお味噌なんてとってもおいしそう~
まだ十時過ぎなのにおなかすいてきました… 

2016/05/02 (Mon) 10:22 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんばんはー^^

> ごはんに乗せたり、混ぜご飯にしておにぎりにしてもよさそうですね^^

おにぎりは間違いなく美味しいと思います!^^

> 頂いています。 好き嫌いが多いのカンベンしてほしいです、ほんと。

大人になって食べてみると意外と美味しかったなんていうのもありますが
香りがダメだとダメですよね^^;

> まだ十時過ぎなのにおなかすいてきました… 

ネギのような薬味感覚で使えて便利なので
機会がありましたらぜひ^^

2016/05/02 (Mon) 23:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment