家づくり手帖

ARTICLE PAGE

18 2016

■ウエスづくり

20160418-0.jpg


ウエスは少なくなってきたら、まとめて
使いきりサイズの大きさに切るようにしています。




基本的にウエスにするのは綿100%のもの。

20160418-1.jpg


特に夫の着古した肌着がくたっと柔らかく
吸水率もよくて使いやすいです^^




切るときはまず裏返して…

20160418-2.jpg


袖の縫い目に沿って、袖を切り離します。




袖を切ったら、肩と脇の部分を切って
前身頃と後身頃を切り離します↓

20160418-3.jpg


袖の部分は筒になっているままで使います。




身頃の部分は大きいのでさらに4等分に↓

20160418-4.jpg


使い捨てには、このくらいの大きさがベスト。

小さすぎると、1枚で拭ける面積も小さくなるし
大きすぎると、全面を使い切れなくてもったいないことも。




切り終わったら同じくらいの大きさになるように
畳んでおきます↓

20160418-5.jpg


輪になる部分を揃えて重ねておくと
畳んだ大きさが多少違っても、なんとなくそろって見えます。

小さなことですが、そろって見えると気持ちいいのです^^




ウエスはパントリーの中にある
1つのボックスに収納しています↓

20160418-7.jpg


ボックスの下面のほうは、まだ切ってないウエスの在庫、
上のほうに切ったウエスを。

肌着以外には、色柄付きのTシャツや穴の開いた靴下など。
用途に合わせて適当に使い分けています。

切るのはひと手間ですが
使い捨てのウエスがストックしてあると
気づいたときにサッと掃除ができ
拭いた後は洗わずに捨てるだけなので気軽に拭き掃除ができ便利。

最後まで使い切った感もプチ達成感が味わえるので
私にとってウエスづくりは、一石二鳥。

今日も便利に使っています♪


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
被災され今も不安に過ごしていらっしゃる方のことを思うと
ブログをこうして更新することにいろいろな思いがありますが
こうして日常を変わらずに過ごせることに感謝し
私ができることをきちんとすることが大切だと思っています。
被災された方が1日でも安心して暮らせる日常が戻るよう
そしてこれ以上の被害が出ないよう祈っております。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

夕陽  

こんばんは^^

ウエスにカットするのに、裏返し!
これいただきます!

いつもそのまんま表からカットしていて、洗濯表示とか縫い目とか
汚くなってたんです。
仕方ないか~くらいに思っていたけれど、裏返すだけならとっても楽ですね。
まったく気づきませんでした^^;

素材によっての用途、わかります~
靴下やタイツ、ニット系は冷蔵庫の下のホコリ取りとかに
下着だったものは最後の洗濯のタイミングで、物干しざおを拭くのに
使ってポイ!などなど。
ティッシュだともったいないけれど、ウエスなら気兼ねなく…ですね。


お母様が無事とのことで安心しました。
しかし、こう頻度が大きいと…とても心配ですね。
早く地震が収束に向かいますように。
被災された方、九州にお住まいの方が安心して日々暮らせますよう
願うばかりです。

2016/04/19 (Tue) 20:13 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんばんはー^^

> これいただきます!

ちょっとしたことですが、縫い目が見えることで
切りやすくなると思いますのでぜひ^^

> ティッシュだともったいないけれど、ウエスなら気兼ねなく…ですね。

最後のお役目を果たしてもらってスッキリです^^

> お母様が無事とのことで安心しました。

ありがとうございます。
まだ余震も続いていて、震源地に近い方は
本当に毎日不安にされていることと思います。
自分にできる支援は限られていますが
1日でも早い地震の収束を願いつつ、できることをしたいと思います。

2016/04/20 (Wed) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment