家づくり手帖

ARTICLE PAGE

26 2015

■ホシサンの「あまくち醤油」

20150725-1.jpg


ホシサンの「あまくち醤油」のモニター機会をいただいたので
早速使わせていただきました☆

甘口醤油といえば九州を代表する醤油だそうで
その中でも「ホシサン」は熊本で
百年以上続く老舗の味噌と醤油の醸造元なんだそう。




実は甘口醤油自体、使うのは初めて。

20150725-2.jpg


少し前に義母が病院で血圧をもう少し下げるように指導を受けてから
「減塩しょうゆ」を使うようになった我が家。

普通の醤油に慣れていたせいもあり、コクがないな~と
思いながら使っていたのですが、ホシサンの「あまくちしょうゆ」は
一般的なこいくち醤油に比べて約20%の塩分が抑えられつつも
しっかりとしたコクと芳醇な香り、クセのない味わいが特徴とのことで
減塩しょうゆの代わりになればいいなと期待しつつ使ってみました^^




ほうれん草のささみ和え
20150725-3.jpg
[材料]
ほうれん草
人参
ササミ
ゴマ
あまくち醤油(ホシサン)


参考レシピ(cookpadより)
ほうれん草、人参、ササミの胡麻和え

参考にさせていただいたレシピは砂糖も入れるのですが
ホシサンのあまくちしょうゆは程良い甘さがあるので
個人的には入れなくても十分に旨味や甘みを感じられました^^

普段は砂糖を入れているレシピの和え物にも
甘さ控えめなら砂糖なしで十分だなと思いました。




てりてりチキン
20150725-4.jpg
[材料]
鶏肉(モモでもムネでもOK)
あまくち醤油(ホシサン)

砂糖
パセリ


参考レシピ(cookpadより)
煮るだけ♪てりてり☆チキン

もう何度も作っているレシピですが、レシピ通りつくると
けっこうたくさんの砂糖を使います。

今回は思いきってレシピの半分の量まで砂糖を減らしてみましたが
ちょっと甘さ控えめで美味しくできました^^♪
普段の砂糖は三温糖をつかっているせいもありますが
甘さはあっさり目に感じられました。




がんもどきの含め煮
20150725-5.jpg
[材料]
がんもどき
人参
大根
あまくち醤油(ホシサン)
みりん



いつもは
砂糖:醤油:味醂=1:1:1

のところを砂糖なしでチャンレンジ。
最初に砂糖を入れて、甘みを閉じ込めるというのがなくなる分
調理の時間も少し短くなった上に、味も遜色なし。
優しい上品な味わいに満足☆☆☆




他にもかぼちゃの煮物や、菜葉の佃煮、お寿司やお刺身の付け醤油など
色々使ってみましたが、付け醤油にしてもくせのない味と香りなので
素材の邪魔をしないのがいいなと思いました^^
(刺身などの場合は甘いのに抵抗がある人は苦手かも?私は気に入りました☆)

20150725-6.jpg


お正月はこのお醤油で、焼いたお餅を食べたら美味しいだろうな~と
今から妄想中(笑)
これからの季節は冷奴にも良さそうです。

初めて使うので、甘いぶん
いろいろ用途が限定されるのかな?と思っていましたが
めんつゆみたいな感覚で、万能調味料として使えそう。
特に煮物に使うと、料理の腕が上がったような仕上がりになりますよ~☆



減塩のために、減塩しょうゆで今まで探していましたが
甘口しょうゆという選択肢が増えた我が家。


減塩しょうゆで美味しいものが見つからないという方に
ぜひホシサンの甘口しょうゆも試していただきたいです^^



創業明治三十九年★味噌醤油醸造元ホシサン
-九州熊本の味噌・醤油醸造元ホシサン☆ファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。


■参加してみました→【テーブルマーク】<パックごはん20周年記念>5種類の銘柄米食べ比べイベント!!
関連記事
スポンサーサイト