家づくり手帖

ARTICLE PAGE

14 2014

■石けんで食器を洗う。

20141214-1.jpg


ミヨシ石鹸「手肌のための食器あらい」のレビューです。

ミヨシ石鹸さんといえば「白いせっけん」や
昔ながらの洗濯石けん「マルセル」などご存知の方も多いと思いますが
石鹸を原材料とした、肌にも環境に優しい商品を展開されている会社です。

 


今回使わせていただいた食器用洗剤は

石鹸素地100% + 天然系保湿成分

【天然系保湿成分】
 うるおい成分:グリコシルトレハロース、グリセリン
 肌バリア成分:ムクロジエキスと緑茶エキスを配合


で作られた、「手荒れでお悩みの方のための食器洗いせっけん」とのこと。

20141214-2.jpg


冬はお湯を使うことが多いせいか、素手で洗いものをすると
すぐにささくれが出来てしまうのですが
基本的には食洗機を使用することもあり、ゴム手袋が面倒で
ついつい素手で洗ってしまい、ハンドクリームが手放せないので
少しでも改善できれば…と使わせていただきました。




「肌に優しい洗剤」=「汚れ落ちがイマイチ」

というイメージがありましたが、私の場合
油汚れがひどいものは、食洗機に入れてしまうので
洗うものは下ごしらえの途中でもう一度使いたいボウルなど
あまり汚れがひどいものを洗わないということもありますが
想像していたよりもずっと、洗浄力もあって
普段使っている洗剤よりも泡切れがよく、すすぎが早いことに感動。

20141214-3.jpg


すすぐ時間が少ない分、お湯に触れる時間が短くて済むので
手への負担も減りますね^^




ちなみに同梱されていたリーフレットには、上手な使い方などの説明もあり
油汚れがひどい場合は、事前に拭きとってから洗うと良いとありました。

20141214-4.jpg


私はひどい汚れがある場合は、食洗機に入れる前に使い捨てのウエスなどで
ザッと拭きとってから入れていますが、それと一緒ですね。

そうすることで排水口や排水の汚染防止にもなり、一石二鳥です^^




テクスチャーは、緩めだけど水よりはトロっとしています。
香りは、どこか懐かしいレモンの香り。
色は、ほんのり黄味がかった透明な液体です。

泡立ちについては、私は手編みのアクリルたわしを使っているので
どの洗剤をつかっても、泡がもこもこというのはありませんが
他の方のレビューを読むかぎり良さそうですよ^^

20141214-5.jpg


そして肝心なささくれへの効果ですが
この洗剤に変えてから、ほとんどできなくなりました!

また使用直後も、手の油分が適度に残っていてしっとり感があるので
ハンドクリームの量も減りました♪


詰め替え用もあります↓
 
原材料が石けんなので、肌や環境にやさしいだけでなく
万一、すすぎ残しがあっても心配がないというのも安心して使えて良いですね^^



-暮らしに安心|ミヨシ石鹸ファンサイトファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト