家づくり手帖

ARTICLE PAGE

05 2014

■長持ち、セルフガラスコーティング

20141105-1.jpg


以前にもセルフガラスコーティングはしたことがあるのですが
毎日の掃除でコーティングの膜が薄くなるのか?
その効果が感じられるのは、場所にもよりますが数か月でした。

またコーティングをすればよいのですが
水が掛るような場所は、さらに短期間の間に再コーティングの
必要がでてきてしまうので、面倒だな~と放置しがちに^^;

トップ画像の洗面ボウルも、そのひとつ。

デザインが気に入って選んだ海外のメーカーのものなのですが
日本のメーカーではよくある「防汚コート」などもされておらず
他の場所で使っているINAXの手洗いボウルと比べると
汚れが付きやすく、汚れが取りにくいのです><




ということで今回は
「長持ち」するプロ仕様のガラスコーティングをすることにp(`・ω・´)q

20141105-2.jpg


今回も、以前ガラスコートをした時と同じ
「お掃除ソムリエ」さんで販売されているセットを使わせていただきました。

以前使ったガラスコート剤のレビューはこちら
 →■ガラスコート剤いろいろ #1
 →■ガラスコート剤いろいろ #2
 →■ガラスコート剤いろいろ #3




プロ仕様ということで、以前使ったものよりも難しそうだなと思ったのですが
思ったよりもずっと簡単でした^^

ということで、さっそくコーティングの手順です↓

20141105-3.jpg


まずは普段もしている掃除です。

こうして洗うと、その時はキレイになるのですが
花を切ってきて下処理なんかしてるうちに
ツヤも消え、すぐに薄汚れてしまいます;;



今回はコーティングをするということで
いつもよりも念入りに汚れを落とす必要があるので
セットの研磨剤を使って、しっかり見えない汚れまで落とします↓

20141105-4.jpg


微粒子の研磨剤なので素材を傷つけることなく
汚れを落とすことができるのだそう。




まだ3年目ということで、ボウル自体は擦り洗いしても
汚れがつくということはなかったのですが
矢印の部分(ボウルと壁面のつなぎ目のコーキングの部分)が
けっこう汚れていました。

20141105-5.jpg


コーキングの部分は拭いても汚れが取りにくかったので
真っ白になってスッキリ☆




仕上げのガラスコーティング剤です↓

20141105-6.jpg


除光液を強くしたような強めの刺激臭があるので換気をしっかりして
取扱上の注意点に「手袋・ゴーグル・マスク」等の保護具をご使用ください
とあったので、その通りにしました。

ちなみに強いニオイは塗っている最中だけで
15分もすれば飛んでしまいます^^




いよいよ緊張のコーティング作業。

20141105-7.jpg


作業のポイントは

 ・クロスにたっぷり染み込ませる(薄いとムラになりやすい)
 ・何度も往復せずに塗り伸ばす(2回目は弾いてしまう)

のふたつ。

よく伸びるので、特にコツもなく普通に拭く感じで
コーティング自体はあっという間に済んでしまいました。

ただし、硬化するまで最低3時間は乾かす必要があります。

さらに6時間で完全に硬化し撥水・防汚効果が高くなるとのことだったので
私はしっかり6時間乾かしました^^b




写真だと分かりにくいのですが、コーティング後は
新車のような光沢感が出ました↓

20141105-8.jpg


そして肝心の汚染防止効果ですが…

バッチリです!(≧▽≦)♪

防汚コートがされている手洗いボウルと遜色なく
汚れにくくなりました。

コーティングをしたばかりということもありますが
水はじきはシックスエフのほうが上かも。

きれいな状態が長く続くので、掃除の回数も激減。
汚れたとしても、手編みのアクリルたわしだけで元通りピカピカ。




業者さんにしてもらうと万円単位のコーティングですが
セルフなら材料費のみ。(今回のセットは、税込2,700円)
素人の私でも簡単にDIYコーティングできるセットはありがたい限り^^

コーティングの耐久性も3年以上とのことなので
そのあたりもプロにお願いするのと同じですね^^


ちなみに、今回使ったシックスエフは
ガラスには使えませんが、陶器以外には
人大やタイル、ステンレスなどにも使えるのでキッチン周りにも◎

期待以上の効果に、残り半分で別の気になっている場所も
コーティングしたくなりました♪




DIYコーティングの王者☆シックス・エフ
-お掃除ソムリエ WEB SHOPファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト