家づくり手帖

ARTICLE PAGE

03 2014

■家具のプチリメイク

20141003-1.jpg


こちらは義母の部屋。

ツルの紋様のチェストは義母が子どもの頃から使っているそうで
古いけれど丈夫だし、愛着もあるので、今も現役で大切に使われています。




ある日、義母から新居の部屋だとこのツルの紋様が
どうしても浮いてしまって、ずっと気になっているんだけど
何かいい方法はないかしら?と相談されたので
いろいろ考えていちばん手軽そうなカッティングシートを貼ることにしました。

20141003-2.jpg


ホームセンターだと大きなサイズのものしかなかったので
100円ショップで購入しました。

100円ショップでも、お店によって微妙に色や木目の描かれ方が違っていたので
他の家具との調和しそうな色で、かつ木目がよりリアルに見えたキャンドゥで。




完成☆

20141003-3.jpg


平らで長方形という簡単な形なので、思ったより簡単に貼れました^^

ポイントは、少し大きめに切って、しっかり伸ばしながら貼り
余分な部分は後からよく切れるカッターで切ること。
最初からピッタリサイズで切って貼ろうとすると失敗します。(←経験済)




近くで見るとこんな感じです↓

20141003-4.jpg


パッと見は、本物の木肌のように仕上がり
義母も「スッキリした」と喜んでくれました^^

よ~くみると、下のツルがぼんやり透けて見えるのですが
言われなければ分からない程度。
100円ショップのものだから、すこし薄いのかもしれません。




余ったシートをぽち袋などを入れていた空き箱にも貼りました。

20141003-5.jpg


こちらは細かな凹凸があって意外と苦戦しましたが
遠目には、なかなか良い雰囲気になり自己満足^^

カッティングシートは使いこなせたら(←ここが重要)
便利なリメイクツールになりそうだな~と思いました。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

夕陽  

こんにちは~

棚へのカッティングシートは、私もしたことがあるのでわかります~
すごく簡単なのに、全然違う印象になって面白いですよね。
貼りたい面に凹凸が無いまっすぐな対象物だと、一回り大きくカットして
対象物に霧吹きで水を吹き付けて、そこにベロッと貼ってしまって
スクイーズや定規などでならしながら、挟まった水を出す方法もありますよ~
貼る時に水があると、貼り直しや位置をずらすのが簡単に出来ます^^

うちにも残りがまだあるのですが、何かに貼りたくなってきました^^;

2014/10/03 (Fri) 15:28 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■夕陽さん

こんばんはー^^

> 対象物に霧吹きで水を吹き付けて、そこにベロッと貼ってしまって

わ!そんな方法があったのですね!
スクイーズは使いましたが普通に空気が入らないようにだけ
気を付けて貼ってました~。

水を使うと貼り直しがしやすいのですね"φ(・ェ・o)~メモメモ
次は水が使えるような素材に貼る時は、そのようにしてみます!
貴重な情報をありがとうございます♪

2014/10/03 (Fri) 20:10 | EDIT | REPLY |   

megumi  

きれいに仕上がってますね~。さすが!^^
カッティングシートって、数年経ってもきれいにはがせますか?
きれいにはがせるなら、飽きっぽい私にも合ってるかも。
キッチンカウンターにも使えるのでしょうか?

2014/10/03 (Fri) 21:29 | EDIT | REPLY |   

ru:ri  

Re: タイトルなし

■megumieさん

こんばんはー^^

> カッティングシートって、数年経ってもきれいにはがせますか?

キッチンカウンターには使えると思いますが
数年後にきれいにはがせるかは、実際に試したことがないので
わからないです。すみません><
貼る場所の環境などにもよると思いますが
もし剥がす予定がある場合は
念のため100円ショップのものでないものをおススメします^^

2014/10/04 (Sat) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment