家づくり手帖

ARTICLE PAGE

14 2014

■「まいにち、もっと、しわあせ」タオル

20140914-1.jpg


「まいにち、もっと、しわあせ」をメインコンセプトに生まれた
今治製タオルのブランド「今治謹製」の極上タオルのレビューです。

今治タオルは歴史も長く、国内最大規模のタオルの産地で有名なので
ご存じの方が多いと思いますが、いちばんの特徴は「吸水性」の高さ。




その中でも「今治謹製」のタオルは
「染め」「織り」「洗い」といった全ての工程にこだわって
今治の持てる技術の全てを高レベルで結集して作り上げられているのだそう。

20140914-2.jpg


1.最高品質 ハイブリッド長綿 シャンカール6 スペリアル使用
 →繊維が細かく繊細で、柔らかくソフトな風合いが特徴

2.通常のタオルより、パイルの糸が多くて、長い
 →吸水率アップ+肌触りの良い仕上がり

3.通常の倍以上の時間を掛け、綿の不純物を取り除く加工
 →柔らかさと吸水性の持続を両立





洗濯前はそれほど柔らかさや肌触りの良さを感じなかったのですが
洗濯後は見違えるようにふんわり柔らかな肌触りに。

20140914-3.jpg


写真は同じたたみ方をしていますが、倍近い高さになりました。

ポイントはパタパタとタオルを振ってから干すこと。
そうすることによって、極上タオルの特徴のひとつである
長いパイルのループがしっかり戻ってふわふわタオルに☆




アップ↓

20140914-4.jpg


思わず触りたくなるような
柔らかくてフワフワした感じが、伝わりますでしょうか?

まさに商品名通りの「極上」の気持ちの良い肌触りで
毎日こんなタオルを使えたらブランドコンセプトでもある
「まいにち、もっと、しわあせ」を感じられると思います^^

さすが販売開始から10年で
累計販売実績500万個を突破しているブランドだけありますね。




我が家の普段使いのタオルと比べてみました↓

20140914-5.jpg


半年くらい既に使っているのこともありますが
価格に見合った、明らかな品質の差を感じられます。

我が家の場合、普段使いにはちょっと高価すぎるので
正直このタオルで揃えるのは難しいな~と思いますが
タオルのような消耗品は贈り物としても喜ばれるので
そういったときの選択肢のひとつとして覚えておきたいと思いました^^


木箱入りなので、贈り物に最適◎



他にも「バスタオル&フェイスタオルセット」など
予算に合わせていろいろなセットが選べるのも◎

    

いちばん右は「今治謹製の至福タオル」。
シンプルな金のラインが入っていておめでたい感じがするので
結婚式の引き出物なんかにも良さそうです☆


-今治タオルの今治謹製ファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。


■参加してみました→木箱に入った今治タオル【今治謹製】の『アイデア』募集
関連記事
スポンサーサイト