家づくり手帖

ARTICLE PAGE

11 2014

■シーリングファンの機種選定と設置総額

20140611-1.jpg


シーリングファンといっても、本当にたくさんの
機種がありますが、我が家の場合2400mmの天井に取り付けるので
いちばん重視したのは、圧迫感が出ないように

「薄型・小型・白色」

であること。

また、居室に付けるということで

「音が静か」

であることを優先しました。

これだけでも、かなり機種は絞られ
必然的に「音が静か」=「DCモーター」が使われているものに。




ちなみに、ACモーターのものだと、デザイン的には
もう少しオシャレなものがありましたが、電気代も約2倍になります^^;

音や消費電力のこともありますが
羽の数が4枚の方が効率的であることなどもあり、残念ながらこちらは却下。

そして、最終的に残ったのが、パナソニック製のこちらでした↓


定価93,000 円(税抜)で、実売価格は約5万円。

「幅90センチ・高さ25.5センチ」とかなりコンパクトで、DCモータータイプ。
デザイン的には可もなく不可もなく…無難な感じですが
機能的にはバッチリだったので、こちらにしました。




消費税アップ前に、商品だけは個人で購入しておき
工事は、家の電気設備をしてくださった業者さんにお願いする予定で
工事費の見積もりをお願いしたところ

パナソニックのSP7075を買うなら
コイズミのAEE595031と同じだから、そっちのほうが安いよと
教えていただいたので、最終的にはコイズミのものを購入しました。


業者さん曰く、パナソニックがコイズミにモノを卸しているそうで
モノ自体は全く同じものなんだとか。

違いがあるとすれば、リモコンに表記されている文字が
「Panasonic」か「KOIZUMI」かの違いくらい。

業者さんに教えていただいたおかげで
パナソニックのものよりも、約1万円安く購入できました^^♪




こういうことって素人だと、ちょっとした表記の違いがあったりすると
同じものだと気付けないことがほとんどだと思うので
やっぱり、その道のプロが頼りになりますね^^

  
左から「パナソニック」「コイズミ」「ダイコー」3つとも、モノ自体は全く同じ。


最終的に、シーリングファンの取付総額は

本体購入費:¥ 37,890
工 事 費:¥ 18,000
雑材消耗品:¥ 5,000
総   額:¥ 60,890

でした。


扇風機やサーキュレーターなども機種にこだわって
バルミューダ のGreenFanやダイソンなどを選択すれば
2万円~4万円くらいするものもあるので
そう考えると、本体の価格はこの辺りの扇風機と同じくらいですね^^

別途、取り付け費用はかかりますが
個人的にはとても満足度も高く、取り付けて良かったなと思っています。
また、エアコン使用時の使い心地などもアップできたらいいなと思っています。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment