家づくり手帖

ARTICLE PAGE

16 2013

■クロスの掃除とコーティング

お掃除すればする程お掃除がラクになる、オリジナルのエコ掃除グッズを
開発、販売されている、PFCさんのwebショップ「お掃除ソムリエ」で
販売されている二つの商品を使ってみたのでレビューをしたいと思います。


まずひとつ目は「カビ染み抜き剤A 」&「漂白助長剤B」のセット。

20131116-1.jpg


壁紙の汚れをイオンの力で強力に洗浄し
除菌と消臭までしてくれる、液体洗浄剤です。




こんなふうに、ふたつの液体を1:1の割合で調合して使います。

20131116-2.jpg


最初から混ぜてあれば面倒じゃなくていいのになと思ったのですが
このふたつは混ぜたまま放置すると発砲する可能性があるそうで
調合した分は、その日に使い切る必要があります。




とても強い洗浄力があるので、周りは養生テープなどでしっかりカバー。

20131116-3.jpg


私は直接壁にスプレーせず、スポンジに染み込ませて
擦り洗いをしましたが、直接吹き付ける場合は
広範囲をしっかり養生したほうがいいです。

というのも、液体が少し床に落ちてしまっていて
少しの間、気付かないでいたら見事に床が漂白されてしまっていました^^;




それだけ強力な洗剤剤なだけあって
家庭用の洗剤で掃除をしても落ちなかった汚れも簡単に落ちました↓

20131116-4.jpg


主にルンバが当たって汚れてしまったものなのですが
他にも、角は掃除機のコードが当たったり…と
掃除をしてもすぐ汚れるので、最近は見て見ぬふりをしていました。




そこで、活躍するのがふたつ目の商品「2液水性万能クリアー塗料」

20131116-5.jpg


水性タイプの壁紙のコーティング剤です。




こちらも二種類の液体を調合して使います↓

20131116-6.jpg


調合後は3日以内に使い切ってくださいとのこと。
硬化剤が入っているので固まってしまうのかな?




コーティングしたいなと思っていた場所は二か所。
一か所目は、ルンバが当たって壁紙が黒ずんでしまう床から
約10センチの高さの壁。

20131116-7.jpg




もう一か所は、キッチンのコンロ横の壁。

20131116-8.jpg
↑斜線の部分だけがキッチンパネルになっておらずクロスなので
油ハネなどが気になっていた場所です


使い方は、コーティング剤が伸びやすいように
先に固く絞ったウエスで壁紙を湿らせておき
コーティング剤を含ませたスポンジで塗っていくだけ。

塗布後、20分程度で触れても大丈夫なほど硬化してしまうので
食事の支度にも影響なし^^

素人の私でも、簡単にムラなくキレイに仕上げることができました☆




また、コーティング剤は「三分艶あり」とのことだったので
塗ったところの境目が目立つかな?と、ちょっと心配でしたが
言われてよ~く観察すれば、光の加減によっては分かるかな?という程度で
パッと見はぜんぜん分からず◎

20131116-9.jpg


今回、コーティングしたことでルンバが当たっても以前のように
黒い汚れが取れなくなるということがなくなり
汚れても、サッと水ぶきすれば元通りになるようになりました♪

クロスの他にも「ジョリパッド・漆喰・塗装面・木材・タイル面」の
コーティングが出来るそうです^^


ずっと気になっていた汚れが解決してスッキリしました^^


お掃除ソムリエさんは、落としたい汚れの種類別に
しっかり落とせる洗剤がそろっているので
落ちない汚れに悩んでいる方におススメしたいお店です。

「タイル石目地セメント塗り替え塗料MJ・カラー100g」と
「石鹸カス掃除NEWバスクリーナー300ml」のレビューはこちら
「■お風呂場の補修とメンテナンス」



-お掃除ソムリエ WEB SHOPファンサイト参加中-
※今回は体験記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト