家づくり手帖

Category : LDK

2017.04.24[月] ■4月のLDK -2017-

20170424-1.jpg


4月のリビングは、クッションカバーや
ファブリックパネルのイエローなど
少しずつ明るいカラーが増えて、軽やかな感じになってきました^^




リビングテーブルにも軽やかなパステルカラーの色でまとめた花を↓

20170424-2.jpg


カーネーション、マトリカリア、スターチス、シロタエギクの4種。
シロタエギクは庭で大きくなりはじめた葉を使ってみました^^




ダイニング側↓

20170424-3.jpg


特に変化もないのですが
久々にこちらの方向から撮ってみました。




使っている花はリビング側とほとんど同じで
雲竜柳の枝とフラワーベースを「和」にしてちがう雰囲気に。

20170424-4.jpg


ちなみに雲竜柳は3月のダイニングテーブルの花にも使っていたもの。
庭にちょくせつ挿しておくだけでついてしまうくらい丈夫で
枝だけだったものに葉が芽吹いてきました。




キッチンの窓台↓

20170424-5.jpg


こちらはガーベラ、スターチス、カーネーション、シダ。
義母にリクエストして生けてもらいました^^♪

シックなガーベラとパステルカラーのカーネーションの組み合わせなど
私にない色づかいの感覚で勉強になりました。
素敵な花を眺めながらの家事はモチベーションが上がります。




PC用カウンターテーブル↓

20170424-6.jpg


少し前の記事にもしましたが
こちらもコースターなど小さな小物類のファブリックを
春夏仕様に衣替えしました。

もう大きく何かが変わるといったことのないLDKですが
季節に合わせたファブリックの衣替えや、花を飾ることで
変化を楽しんでいます。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

2017.03.27[月] ■3月のLDK -2017-

20170327-1.jpg


3月のLDKは「春」らしい明るい色の花を飾ったりして
明るい雰囲気に^^




リビング側↓

20170327-2.jpg


リビングテーブルにはパステルカラーの
チューリップやスイトピーやトルコキキョウ、リューココリーネを。

ファブリック類はまだ真冬のままだけど
明るい色の花が中心にあるだけで、春らしい雰囲気に^^

4月はファブリック類も「春色」にしたいなと思っています。




ダイニングテーブルの上もパステルカラーの花を↓

20170327-3.jpg


こちらは義母が家の雲竜柳などを利用して
素敵に生けてくれました^^

フラワーベースの下のドイリーは以前に編んだもの。
ドイリーは定期的に編みたくなるので
少しずつバリエーションも増えていて
どのドイリーを合わせようか?と考えるのも
楽しみのひとつになっています。



花は
ストック、トルコキキョウ、雲竜柳
マトリカリア、アリウム・コワニー。

どの花も水がきちんとあがれば、持ちが良いです^^

20170327-4.jpg


雲竜柳は生け花でもよく使うと義母が言っていたのですが
雲竜柳を入れることで、すごく動きが出て面白いな~と眺めています。
私も上手に使えるようになりたいです。




リビングテーブルの奥に見える無印の棚の部分は
「春色」に衣替え。

20170327-5.jpg


サニタリーのファブリックパネル「tanpopo」と同じ絵柄の
色違いになります。

ファブリックではピンクバージョンは見当たらなかったので
ピンクはポストカード限定カラーなのかも?
優しいピンクがイエローとはまた違った雰囲気で可愛いです^^

額に入れたのは↓のポストカードブック中の一枚。


シュライヒ親子も久々に登場☆
  



キッチンの窓台の花は
ダイニングテーブル用に生けてくれた残り花に
庭に咲いた水仙やトクサを組み合わせて
面白い花を生けてくれました↓

20170327-6.jpg


真横に伸びているのは、何と「トクサ」!
トクサを立てないで生けるという発想が全くなかったので
すごく斬新でした。




遠目で見るとこんな感じ↓

20170327-7.jpg


横長なのも新鮮で、家事をしながら目に入るたびに
楽しい気持ちになれました^^


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2017.02.22[水] ■2月のLDK -2017-

20170222-1.jpg


立春を過ぎてもまだまだ寒い2月。
寒いとお花が長持ちするのは嬉しいけれど
やっぱり春が待ち遠しいです。




ダイニングテーブルの上には
ひと足早く春色の花を義母が生けてくれました。

20170222-2.jpg


スーパーやホームセンターで手軽に買える花ばかりですが
素敵にまとめてくれました^^




ブーケ型のように見えますが
実際は↓のようにオアシスに挿して生けています。

20170222-3.jpg


茎が短いぶん、水揚げしにくい花も
しっかり水揚げをして長持ちします◎

また基本的に水かえも不要で、毎日オアシスが乾かないように
水を足すだけなので水かえで形が崩れることもなし♪




無印の棚の上はお正月の「和」な雰囲気から
「洋」を意識した雰囲気に衣替え。

20170222-4.jpg


黒い台紙に、素敵だなと思って切り取っておいた
パッケージのラベルを貼ったものと
小さな天使の雑貨を飾りました。




キッチンの窓台↓

20170222-5.jpg


こちらにも今月はお花をたくさん飾って華やかに^^
ガラスのフラワーベースは網が付いているので
私でも形を作りやすく生けやすいので便利です◎

 
フラワーベースのレビュー記事はこちら→




先日も記事にしましたが
PCカウンターテーブル用のイスのカバーが変わりました↓

20170222-7.jpg


同じ水玉柄の色違い。
雰囲気が変わって新鮮な気分です^^




ファブリックパネルも衣替え。

20170222-8.jpg


今年は遅めの1月半ばに変えました。
ファブリックパネル用の生地も種類が増えてきたので
1枚1枚の飾る期間が短くなってきましたが
特にいつからいつまでと決めずに
その年の気分によって楽しめたらいいかなと思っています。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2017.01.25[水] ■1月のLDK -2017-

20170125-1.jpg


お正月を迎える雑貨や花は、クリスマスが終ってから飾りはじめ
鏡開きが終わると片づけるのが恒例となっています。

トップ画像のダイニングテーブルの花は
今年は玄関の花と一緒に義母が生けてくれました^^

テーブルのランナーは、ゴールドカラーが
クリスマスのテーブルを華やかに
お正月にはおめでたい印象にしてくれるので
クリスマスの日から敷いています。

今年の親戚を迎えたお正月はこんな感じのテーブルでした↓
20170125-0.jpg
毎年、義母と分担して用意しています^^


こぼしても拭くだけできれいになるメンテの楽さが◎




テーブルの奥に見える無印の棚の上も毎年の定番でかれこれ6年目。
自分で色を塗り替えた額に
義祖父宛てに届いていた昔の年賀状を飾っています。

20170125-2.jpg


今年は橙が描かれたものを選んでみました^^

まだ飾ったことない素敵な年賀状がたくさんあるので
続けていきたいなと思っています。




キッチンの窓台↓

20170125-4.jpg


こちらも定番化しつつある、茶道具の青銅の水差しに
水引でおめかししてお正月らしく^^

今年は酉年なので小さな鳥のオブジェと松ぼっくりを添え
ピンポンマムをメインに生けてみました。






遠目で見るとこんな感じ↓

20170125-3.jpg


小さなコーナーですが、家事をするときに目に入る場所なので
好きなものが飾ってあるとモチベーションがあがります^^




リビングテーブルの上も汁器は毎年同じ。

20170125-5.jpg


飾るものを少しずつ変えたりして愉しんでいます。




硝子の鏡餅を飾るのも4年目。
光が当たるとキラキラしてとてもきれいで惚れ惚れ。

20170125-6.jpg


水引や、和紙で折った葉などと一緒に木台に乗せて飾っています。

短い期間しか飾らないものですが
購入して良かったなと思っているアイテムのひとつです。






中央の花器の花はすべてフェイクです。

20170125-7.jpg


今年はカトレアと松のフェイクに
赤色の和紙で折った扇や紫の水引を添えてみました。




右側には「和」の雰囲気を意識して、小さなものを並べています。

20170125-8.jpg


ヒノキのお猪口に、フェイクの南天や松など。
和紙で折った紅白の小さな折鶴と、何かに付いてた紫の鞠。

こうして小さなものを並べていると
オママゴトみたいで楽しいです^^


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2016.12.21[水] ■12月のLDK -2016-

20161221-1.jpg


もうすぐクリスマスですね^^
我が家のLDKは、大きなツリーはありませんが
小さなクリスマス雑貨を飾ったりして楽しんでいます。




ダイニングテーブルの花は
クジャクヒバやヒムロスギをベースに
赤い菊などをゴールド色のフラワーベースに。

20161221-2.jpg


この時期にたくさん咲いてくれる赤い菊は
毎年クリスマスのアレンジに華を添えてくれます^^

途中11月から生けていたリュウカデンドロンが
いよいよ枯れてしまったので、白いユリに変えたら
また違った雰囲気でいいかんじに^^

アレンジは同時にすべてが枯れていくわけではないので
枯れた花だけ別のものに変えたりしてひと月楽しみます。




奥に見える無印の棚には、ミニツリーなど↓

20161221-3.jpg


木製のミニツリーは100円ショップ。
色が付いた小さなツリーは、折り紙で^^

ツリーの折り方はこちら↓





キッチンの窓台↓

20161221-4.jpg


こちらにはシュライヒのモミの木と、小さなガラス容器に生けた花と
サンタが入っているスノードームを3つ並べてみました。

花が華やかなので、今年はシュライヒには飾りを付けずシンプルに。

 
シュライヒは組み立て式なので小さく収納出来ます




リビング側↓

20161221-5.jpg


ちょっと見にくいですが
テーブルの上には造花のクリスマスケーキのようなアレンジを。
あとはハイサイドウィンドウの両端に
クリスマスアイテムを飾りました。




写真右側の角↓

20161221-6.jpg


ファブリックパネルにはゴールド色のチェーンをプラス。
窓台には落ちても危なくないサンタネズミのぬいぐるみを。




写真左側の角↓

20161221-7.jpg


庭木を剪定したときの木の枝とブリキバケツで作ったオブジェに
クリスマスオーナメントを吊るして
木製の鹿を一緒に飾りました。

色は3色展開。組み立て式なので収納の場所を取りません。
  




中庭側の窓の柱には12月にだけ飾るリースを↓

20161221-8.jpg


シンプルながら存在感があってお気に入りです。

また天然素材だけでできていますが
染めた木の実や枝、皮なので半永久的に状態が変わらずに
きれいなまま飾れるのも◎

それでいてプチプラ☆





色んな場所でクリスマスを感じられるように
リビング以外にもクリスマス雑貨を散りばめました↓

20161221-9.jpg


毎年出す雑貨はほぼ同じだけど、飾る場所や飾り方は決めていないので
今年はどこにどう飾ろうかなぁと考えるのも楽しみのひとつ。

そしていよいよ今週末はクリスマスイブですね^^
今年は休日なので、夫の帰宅時間を心配せず用意できそう。
クリスマスらしいテーブルを囲めたらと思っています。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

Welcome

お越しいただき
ありがとうございます。

プロフィール

ru:ri

Author:ru:ri
夫、私、義母の3人暮らし。

建築設計事務所にて
「シンプルだけど
どこか温かみを感じる家」
をテーマに建築し
2011年8月に完成しました。

気持のいい「空間」
使いやすい「収納」
シンプルで温かみのある
「インテリア」を目指した
家づくりを続けます☆”

…………………………………
記事につきましては
予約投稿のため実際と時期が
ズレることがあります。
ご了承ください<(_ _)>

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
blogram投票ボタン あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

お気に入りのお店



大きな家具から
小さな雑貨まで充実☆
テイストの幅も広いです。


郵便受け・ポスト専門店のポストショップオンライン
ポスト選びに迷ったらココ☆
国内外のブランドが揃っていて
送料も全品無料です。

木と暮らしネットワーク
我が家のダイニングテーブル
ダイニングチェア
寝室のチェストは
こちらのお店で購入しました。
セラウッド塗装や
フルオーダーも可能です☆


お掃除★ソムリエ
落ちないと思っていた汚れが
スッキリ落ちる洗剤が
揃っています。
私もいくつか愛用中です^^
>>ブログ記事

Copyright © ru:ri