家づくり手帖

Category : キッチン

2017.03.10[金] ■箸その後

20170313-0.jpg


今日は、昨年のハンズメッセで購入した
5善セットの天然木の箸の現在のレポートです。

こちらの箸は食洗機対応の箸ではありませんが
食洗機で毎日洗っています。

以前は食洗機対応の箸を使っていたのですが
塗装が剥げてきたりとあまり長くもたなかった経験を踏まえ
だったら対応でない箸を
短いスパンで換えていったほうがいいのでは?と思い
食洗機対応の箸の1/5の値段だった、この箸を試してみることにした次第。




ということで、昨年の8月~現在までの約7か月間使った
箸の状態はこんな感じです↓

20170313-1.jpg


5種のうち、使用したのは
「花梨」「鉄木」「一位」の三膳。

それぞれの経年劣化にかなりの違いがあり面白い結果になりました。




≪花梨≫
20170313-2.jpg

ほとんど劣化なし!
下手な食洗機対応の塗装をした天然木の箸よりも劣化がないのでは?
花梨は堅く密度の高い材木なので高温水にも強いのかもしれません。




≪鉄木≫
20170313-3.jpg

こちらもほぼ劣化なし。
反りもなくキレイな状態です。
花梨のようなツヤ感はありませんが、もともとこんな感じだったような?
鉄木も堅く密度の高い材木の呼称ということだけあって丈夫そうです。




≪一位≫
20170313-4.jpg

唯一、早々に目立った劣化がみられました。
写真の状態になったころに使わなくなったので
3か月後くらいの状態です。
白化が進み、表面も毛羽立ってしまっています。
一位は鉛筆や弓を作るのにも使用されるそうなので
花梨や鉄木と比べると硬さがないのかもしれません。




そんなわけで、花梨と鉄木は食洗機対応となっていなくても
半年以上は問題なく使えることが判明しました。

食洗機対応のものでも1週間で一部塗装が剥げてきたりしたことがあったので
100円ショップよりもお安い1膳あたり103円という価格で
天然木の箸でこれだけもてば万々歳!
下手な食洗機対応の天然木の箸を買うよりもずっと良いです。

残りの2種は「欅」と「杉」。
「杉」が「一位」と同様弱そうですが、「欅」は大丈夫かな?と予想しています。

ちなみに「一位」を使っていたのは私だったのですが
現在は私の手の大きさに合わせた短めの箸を使っているため
まだどちらも試せていないのですが
また機会があったらレポートしたいと思います^^
箸は天然木派、でも食洗機に入れたい!という方の参考になれば幸いです☆


価格はハンズメッセ価格よりも少し高いですが
これと同じセットです☆↓



こちらも堅そうな木種がそろっていて良さそう?↓



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

2017.03.08[水] ■新しく追加した鍋

20170308-1.jpg


新しく鍋をひとつ増やしました。

店頭で「もつ鍋」用としてセール価格で売られていたものですが
私は冬の鍋はもちろん、多用途に使えそうでいいなぁと。




私はすごく優柔不断なので
初めて見たその場では即決せずに家に帰ってから

 ・収納場所はどうするか?
 ・フタがない鍋なので、家にあるフタは使えそうか?
 ・ネット販売価格の調査
 ・口コミはどうか?

などを考えたり、調べてから、後日ふたたびお店に行って購入しました。

20170308-2.jpg


購入を迷った理由は、どうしてもなければ困る鍋ではないことと
深型のフライパンで機能的には賄える点。

逆に欲しいなと思った理由は
我が家には土鍋やこういった形の鍋がないので
冬の鍋は深型のフライパンで代用しており
食卓にそのまま出したときに、見た目的にも…ですが
手の部分が地味に邪魔だなぁと、常々思っていたこともあり
これはいいかも!となった次第です。




ということで「購入の決め手になった点」は

 ・ひとつでいろいろな用途に使えそうな大きさと形
  →いちばんの決め手でした


 ・内側がフッ素加工になっている
  →焦げ付きにくく、調理時に油が少量で済む


 ・軽い
  →鍋は大きなサイズのものほど、重いと使うのが億劫になります
   この鍋はこの大きさで630gと超軽量です


 ・シンプルなデザイン
  →キッチンツールのカラーは基本的にシルバー(金属色)か
   黒と決めているのでデザイン的にもバッチリでした


 ・価格
  →フッ素加工のものは寿命があると思うので
   お手軽なセール価格(1,620円)になっていたことも
   購入の大きな後押しになりました

20170308-3.jpg


ちなみに、惜しいなと思った点は

 ・底面が一体成型でなく、はり底なので継ぎ目が気になる
  →油断すると汚れが溜まりそう


 ・取っ手が熱くなる
  →承知の上で購入しました





実際に我が家では主に

 ・野菜をゆでる
  →満水で4L入り、口が広く(直径約28cm)
   浅い(約9cm)ので茹でやすい


 ・冬の鍋料理に
  →我が家は土鍋がないので、深型のフライパンで代用していましたが
   フライパンの手が食卓で地味に邪魔でした。
   見た目的にもこの鍋で食卓に出したほうが美味しそうで◎  


 ・煮物に
  →鍋自体が軽く、両手付きなので返しやすい
   フッ素加工なので、こびりつきにくいのも◎

と便利に使っています^^

20170308-4.jpg


↑はフライパン用に買ったフタを使って煮物をしているところ。

内側に段が1段あるので、24cmの蓋が
ぴったりその段の上で固定されます◎

フタは業務用の鍋のフタで18-8のオールステンレス製。
4年くらい毎日のように使っていますが
樹脂の部分がないので劣化もしにくく
食洗機で洗っているだけですが、ピカピカ。
お気に入りのキッチングッズのひとつです。

手前側は深型フライパンで切り干し大根を煮ているところ。
我が家ではこんな感じで、深型のフライパンで煮物を作ることが多いです。

愛用のフライパン↓

深型は20・26・28cm / 浅型は20cm・26cm の5つを使っています。
同じ径の深型・浅型は重ねて収納しています^^
フライパンのレビュー記事はこちら→



フタはこちらの3サイズを愛用しています↓
    
フタのレビュー記事はこちら→




肉じゃがの出来上がり☆

20170308-5.jpg


テフロン加工のものはフライパンと同様に
ある程度の消耗品と割り切って使います。

そういった点でも手頃な価格に満足しています^^

フライパンも同じものをリピしていますが
これもそんなアイテムの一つになりそうな予感。




ちなみに収納場所はコンロ下のシステムキッチン収納内↓

20170308-6.jpg


今までここにあった使用頻度が低かった鍋を
パントリーの二軍の鍋置き場に移動させ、収納場所を確保。

ちなみに、この下の段の引き出しも
鍋やフライパン収納の場所ですが
この段は本当によく使う鍋だけになりました~。


現在楽天最安値のお店↓

IHなどオール熱源対応です☆


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2016.11.07[月] ■100円ショップボトルを3か月使ってみて…

20161107-1.jpg


キッチンで使う、食器用洗剤とハンドソープ入れを
100円ショップのボトルに変えて約3か月。

以前使っていたものの使い勝手が良かったせいもありますが
いろいろと不便を感じたので
トップ画像のものに変えました。




100円ショップのボトルで
どうにもダメだったのが、液体の漏れ。

ギュッと閉めればほとんど漏れないのですが
それでも少しずつ漏れてきて
ボトルに洗剤が垂れてしまうのです。

20161107-2.jpg


使ったついでに、ボトルもいっしょに洗ったりしていましたが
正直、面倒でだんだんとプチストレスに…。

もともとキッチンの調味料を入れる用として売られていますが
ある程度、粘度のある洗剤でこれだけ漏れることを考えると
ゴマなど、液体以外の調味料を入れる用かなと思います。




そんなわけで、今回は

「液体」を入れる前提で作られたボトル

という条件をプラスして探して見つけたのがこちら↓

20161107-3.jpg


100円ショップのものではありませんが
実店舗で270円で買えるプチプラボトル。

ネットで探していたときは全く目に入らなかったのですが
実店舗(私はLOFTで出会いました)で見て
優柔不断な私がめずらしくすぐに購入を決めました。




決め手は、ラベルやキャップのパーツが簡単に外せたこと↓

20161107-4.jpg


ネットでは、キャップが付いている写真しかなく
こんなに簡単に外せる仕様になっているなんて気付けず。

ネットで探したほうがたくさんのものを一度に比較できるので
ついついネットだけで探そうとしてしまいがちですが
たまには足を使って探さないとですね。




ラベルとキャップを外したボトル↓

20161107-6.jpg


とてもシンプルになります。

紺色の特殊ラベルに印字された文字の部分も
以前消した方法でおそらく消せると思いますが
イヤなデザインでもないし、特に使用に支障がなかったので
そのまま残しました。

特殊フィルムのラベルの文字を消す方法 → ■洗濯洗剤ボトルのホワイト化+α





100円ショップのものと比べると
注ぎ口も細いので、量も調整しやすくて◎

20161107-7.jpg


注ぎ口とキャップは継ぎ目のない一体成型なので
メンテナンスもとてもしやすいです^^

そして初代のボトルでネックになった
ボトル本体部分の固さによる割れも心配なさそうな
ちょうどよい固さなのも◎
(初代よりも柔らかく、2代目の100円ショップのものよりも固め)




使い勝手はもちろん、デザイン的にも
今までの中でいちばんシンプルで気に入っています。

20161107-8.jpg


↑「DISH」「HAND」と、それぞれテプラでラベルを作って
もともとの印字があるほうの裏側に貼って使用。




遠目で見て、これくらいの存在感のなさ↓

20161107-9.jpg


2代目の100円ショップのものは
使用期間も短く、もったいないことをしてしまったなと猛反省。
そして、それまでの経験を踏まえて選んだ3代目。
今度こそ、長く使えるといいなと思っています。


ワンサイズ大きなものや、キャップに色が付いたものもあります↓
  

店頭になかったので、実物は見れてませんが
同シリーズのこれもいいなと思いました↓


※小さいサイズも有☆

素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2016.08.19[金] ■台所用洗剤ボトルを変えました

20160812-1.jpg


写真は100円ショップ(セリア)で
オイルボトルとして売られていたもの。




私はキッチンで使う台所用洗剤とハンドソープを入れる
ボトルにしようと2つ購入しました。

20160812-2.jpg


購入の決め手はいくつかあるけれど
いちばんは、このシンプルな見た目。

欲を言えば、本体の部分が半透明でなく
クリアだったら良かったな?




食品衛生法合格樹脂が使用されているので
オイルだけでなく、ほかの調味料を入れても良さそうです^^

20160812-3.jpg


ただし耐熱、耐冷温度の幅があまり広くないので
食洗機や冷凍庫などでの使用はNGですね。




見た目だけでなく、気に入ったのは本体の柔らかさ。

20160812-4.jpg


今まで使っていたものも
存在感が薄く、液体が出るノズルの部分が金属である点など
とても使いやすくて気に入っていたのですが
本体の部分が固いプラスチックだったので
何かの拍子にヒビが入ってしまったんです。


これを見つける前は
同じものをもういちど買おうと思っていました。


詳細なレビュー記事はこちら →




私の用途ではキャップは不要だったので
切り離して使っています↓

20160812-6.jpg


ハサミで切り離したあと
カッターナイフで、できるだけバリや凹凸がでないように削りました。




仕上げに用途を記したテプラをペタリ↓

20160812-7.jpg


食器用洗剤は、この2つがお気に入り↓
 

ハンドソープはコストコで購入したこちらを愛用中↓





遠目で見るとこんな感じになりました↓

20160812-8.jpg


以前のものよりも少し背が高くなったこともあり
存在感がありますが、シンプルな形と色で
これはこれで悪くないなと思っています^^

ちなみに使い勝手としては、
口径が広くなった分、気を付けないとたくさん出てしまうのが難点。
以前のボトルのほうが、液体の量が調整しやすかったです。
慣れれば大丈夫かな?とも思うので
しばらく使ってみようと思います。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2016.06.17[金] ■買ってよかったキッチンツール

20160617-1.jpg


使い始めて、約6か月。

これは買ってよかった!と思っているキッチンツール
「Cera Bake(セラベイク)」のレビューです。




パっと見は、何の変哲もない
フロストガラスっぽい半透明な耐熱ガラス容器↓

20160617-2.jpg


ポイントは表面に施された「セラミックコーティング」加工。

それにより、こびりつきにくく
サッと汚れが落ちるようになっているのだそう。

私は特に焦げがこびりついて後片付けが大変な
グラタンなどのオーブン料理で使いたいと思って購入しました。




「こびりつきにくい」とパッケージにあるものの
実際に使ってみて、想像以上のこびりつかなさに感動。

↓は先日ケークサレを作った時の写真

20160617-3.jpg


通常はクッキングシートを敷いたり
油を容器に塗ってこびりつきを防ぐのですが
セラベイクで作る場合は、どちらも必要なし!

容器にそのまま生地を流し込んでOK。
粗熱が取れた後、容器をひっくり返して
軽くトントンとしてあげれば
写真のようにきれいに容器から離型できます。




そして容器の方も、このとおり↓

20160617-5.jpg


写真だと少しだけ生地が容器に残っているように見えますが
水でサッと流すだけで、ポロポロと落ちてしまう汚れで
まったくこびりついていません。
これには本当に感動しています。

こびりついていないので、そのまま食洗機に入れてもいいし
スポンジで洗っても、あっという間。

面倒な片づけが、ものすご~く楽になったので
オーブン料理を作る機会も増えました^^




容器自体の形もシンプルできれいなので
そのまま食卓にだせるのも◎

20160617-6.jpg


レンジ使用も、冷凍庫保管もOKなので
オーブン料理以外の用途でも幅広く活用できるのも◎

個人的には、オーブン料理後の片づけのプチストレスが
なくなっただけで大満足。

他にもいろいろな形のものがあるので
少しずつ集めたいな~と思っています^^

  
現在、8種類あるようです☆
オーバル型が気になるけど、収納のことを考えるとスクエア型かな?(悩)



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

Welcome

お越しいただき
ありがとうございます。

プロフィール

ru:ri

Author:ru:ri
夫、私、義母の3人暮らし。

建築設計事務所にて
「シンプルだけど
どこか温かみを感じる家」
をテーマに建築し
2011年8月に完成しました。

気持のいい「空間」
使いやすい「収納」
シンプルで温かみのある
「インテリア」を目指した
家づくりを続けます☆”

…………………………………
記事につきましては
予約投稿のため実際と時期が
ズレることがあります。
ご了承ください<(_ _)>

カレンダー

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
blogram投票ボタン あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

お気に入りのお店



大きな家具から
小さな雑貨まで充実☆
テイストの幅も広いです。


郵便受け・ポスト専門店のポストショップオンライン
ポスト選びに迷ったらココ☆
国内外のブランドが揃っていて
送料も全品無料です。

木と暮らしネットワーク
我が家のダイニングテーブル
ダイニングチェア
寝室のチェストは
こちらのお店で購入しました。
セラウッド塗装や
フルオーダーも可能です☆


お掃除★ソムリエ
落ちないと思っていた汚れが
スッキリ落ちる洗剤が
揃っています。
私もいくつか愛用中です^^
>>ブログ記事

Copyright © ru:ri