家づくり手帖

Category : model home

2010.11.26[金] ■モデルハウス見学 #6

20101126-1

今日は昨日の続きで、引き続きへーベルハウスさん。

2世帯分がひとつの屋根でつながっていて見学できるようになっていたのですが
私的には、昨日レビューしたほうよりも
今日レビューするほうのインテリアが好きです^^

そんなわけで、本日紹介する部分はこちら。
20101126-2


全体的な印象としては外国。(アバウトですみません^^;)
フレンチな要素も感じつつ、北欧の香りもするインテリアでした。


【A】
20101126-3


ダイニングキッチン

『ブラックXホワイトX白木カラー』がバランスよく心地良い空間。

L字型キッチンで、シンクの上の棚がオシャレ。
ダウンライトが仕込まれていて、実用性?も兼ねています。

棚厚はこれくらい厚いと高級感が出ていいなーと思います。


黒板ボードの横には冷蔵庫が。
スッポリ隠れているけれど、扉で隠しているわけではないので
使いやすさの点でも、インテリア的にも◎



リビング側はこんなかんじ。
20101126-5


分かりにくくてすみません^^;
間取り図と見比べながら見ると、位置関係が分かるかな??

間取り図から言うと東に立って西にカメラを向けています。

リビングから寝室へ向かう壁のカラーペイントが
とてもいいアクセントだなと思いました。

ダイニングのライトもいい感じのアクセントに。
落とす影もまた、インテリアになっていました。

採用したいかと聞かれれば、「掃除が大変そう」という理由で却下ですが^^;



【B】
20101126-4


そして、冷蔵庫の横を通って裏に回ると、バックヤードが。

「ごみ箱」「電化製品」「食品ストック」「ワークデスク」
が集まっていました。

ダイニング側から見える、いちばん隅の収納棚だけは、ダウンライト付き。
見せる収納ですね^^



【C】
20101126-6


サニタリー
広々スッキリ明るくて私の理想にかなり近い感じでした。

鏡を付けるなら、やっぱり鏡裏は収納にしたい。
出来れば、電動歯ブラシ用のコンセントも仕込ませておきたいところ。

窓にさりげなく置かれたグリーンも目を惹きます。

洗濯機上の棚のディスプレイは現実的ではないけど素敵。
現実はこうはいかないハズ。。。


【D】
20101126-7


3F寝室
屋根が高配になっていて、低く落ち着いた空間になっています。

壁は塗りです。
これがまた壁紙にはないいい味を出していて
やっぱり塗りはいいなと思ってしまいました。

寝室でワイン?
素敵だけどウチではありえないシチュエーション(笑)



【E】
20101126-8

子ども部屋

実はいちばん気に入ってトップ画像にもしたこの部屋。
インテリアのカラーが何とも言えないツボでした。

クッションのカラーといい、塗り壁のカラーといい
こんなセンスが欲しいです。

壁の花柄はなんと、手書きでした。(トップ画像の方が分かりやすいですね)
そこに立体の蝶のピン。

そっくりそのまま同じ部屋が欲しい(笑)



このモデルハウスは、インテリアが本当に参考になりました。
住宅展示場は、

建物の構造・材料の勉強だったり
間取り・インテリアの参考だったり

と、私にとって何通りにも楽しめる場所です^^
ただ、「ただの趣味です」と断って見学しても
セールスの方が付いて説明してくださることが多いので
その点はなんだか申し訳なくて、少々気がひけます。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ  blogram投票ボタン
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

2010.11.25[木] ■モデルハウス見学 #5

20101125-1


久々に、住宅展示場へ遊びに勉強しに行ってきました。

今回お邪魔してきたのは、へーベルハウスさん。
(今調べたら前回もへーベルハウスさんでした^^;)

気を取り直して、まずは間取りから。

20101125-2


全体的な雰囲気としてはダークカラーを中心にしたモダンな印象でした。


【A】
20101125-3


リビングダイニング。

空間としては繋がっているのですが、狭い幅ながら白い壁のせいか
空間がきっちりと分けられているように感じました。

ソファーの高さが低いと、落ち着いた雰囲気になりますね。


【B】
20101125-4


ダイニング&キッチン

最近はオープンキッチンが多い中、珍しくクローズ型。
私はクローズ型もいいと思っているので、なかなかいい配置だと思いました^^

ダイニングの照明もなかなか素敵です。

ベンチは壁面に作り付けてありました。きっと造作ですね。


【C】
20101125-5


ここから見るとキッチンとダイニングの位置関係が分かりやすいかな?
ベンチが作りつけられたタイル張りの壁一枚を隔てて
キッチンとダイニングが配置されています。

この場所の役割としてはPCスペースのようです。
すぐ横が階段です。

壁の飾棚の飾り方や、ランダムなようで計算された額の飾り方が
とても参考になりました。

額の大きさはバラバラでも、写真がモノトーンでそろえられただけでも
まとまりが出るものですね^^


【D】
20101125-6


そして二階です。

ベッドの横の棚は本棚としての用途意外にも便利そう。
ただ、ホコリは溜まりやすいかな~?

ベッド脇に飾られた、鳥籠がなんともいえない可愛らしさでした。


【E】
20101125-7


最後はトイレ

目を引いたのは、この花器の飾り方。
新居でぜひ真似してみたい!

水は替えられそうにないので、造花かドライフラワーがベストですね^^



今回は、ここまで。
2世帯住宅仕様なので、明日は右側の居住空間のレビューをしたいと思いますp^^q


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ  blogram投票ボタン
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2010.05.24[月] ■モデルハウス見学 #4

20100521-1

今回、お邪魔したのはへーベルハウスさん。

まずは間取りから。
20100521-0

撮影した部分が少なく、A~Cの3か所の紹介です。
2軒目でちょっとお疲れ気味だったのと、営業さんの説明を真面目に聞いていたら
写真を撮ってる隙?がありませんでした(笑)



【A】
20100521-3

ダイニング。

へーベルハウスさんは「奥行30cm収納」「壁面積7平方メートル」
を推奨されているようで、このダイニング収納もその一つ。

棚板の奥行幅を少し浅くすることで、扉裏が有効に使えていい案だと思いました。
これは、どこかで真似できそう?

テーブルコーデもパチリ。
展示場ではこういうのも参考になりますね^^




【B】
20100521-4

ランドリー。
前回のサーラ住宅さんでもありましたが、この洗濯機の上のバーは必需品!
ハンガー掛けたり、タオルを掛けたり便利に使えそう。

洗濯機はAEG 洗濯乾燥機
オシャレですよねー。
操作部分のボタンが英語表記なので、使いこなせる自信がありませんが^^;

こちらはおなじみのホスクリーン
1本で使うのはやっぱり便利そう。
バーを通してしまうと、私の性格だとぜったいそのままの状態になってしまうので・・・。
1本なら、取り外すと思います。たぶん。




【C】
20100521-5

3階です。
ルーフガーデンはとっても広くて、屋上庭園という言葉がぴったり。
水やりはどうするんだろーと思ったら、きちんと水栓もありました。(当たり前?)

ホビールームにおいてあったベンチが素敵でした。
こんなベンチならダイニングのベンチにしたいです~。
真中が少し凹んでいて、座り心地もとっても良かったです。



最後にへーベルハウスさんでいいなと思ったテクノロジーについて。

断熱材「ネオマフォーム」
旭化成建材の断熱材で、ボード型。
20100521-6


特徴は
 

・外壁と内壁の結露の心配がない
  →グラスウールやロックウールは結露しやすいそうです
   正しく丁寧な施工をしないと壁内の結露で家が腐ることもあるとか

 ・燃えたときに有害ガスが発生しない
  →火事になっても安心  

 ・水を吸わない
  →水害にも強い




へーベルさんはこの断熱材にプラス、外壁の「へーベル」自体が
断熱性能が高いので、かなり断熱には優れている気がしました。

ハウスメーカーさんの断熱材はその時の最先端のものを採用されていることが
多いし、従来の物との比較した点についても教えてくれるので勉強になりますね。



これからもたくさん、見て聞いて勉強してインテリアだけでなく
躯体についても納得して建てられたらいいなと思っています^^

ちなみに今の概算見積もり書によると、ウチは「発砲ウレタン吹付」です。

燃えると有害ガスを発生すると書かれているサイトもありますが
現在はそのようなものは使われなくなっているそうで心配はないとのこと。
また、発泡系断熱材はほとんどが自己消火性をもたせてあり
火災で燃え広がることもないそう。

ただ、ウレタンを吹き付けるのでリフォームの時に、木の再利用などが難しいそうです。

ネオまフォームは魅力的ですが、コストとのバランスを考えると
発砲ウレタンでいいかな?と思っています^^



■ブログランキング参加中
最後まで読んでくださってありがとうございます。
皆さんのクリックが励みになっています。一日一回クリックしていただけると嬉しいです^^

blogram投票ボタン  ranking-fc

2010.05.17[月] ■モデルハウス見学 #3

20100517-1

今回、お邪魔したのはサーラ住宅さん。

ハウスメーカーでは建てる予定はないのですが、
実際にいろいろと見るのは勉強になるので、
完成するまでは積極的に行きたいと思っています。

具体的には
 

・大きさ感の体感
 ・収納のアイデアの参考
 ・色の組み合わせ・インテリアの参考
 ・最新の住宅工法などの情報収集


など。


サーラ住宅さんの展示場には
「ご自由にお測り下さい」
とメジャーが置いてありました。気が利きますねー。


まずは間取りから。
床面積は43坪。けっこう現実的な大きさです。
1Fだけでは24坪でした。

20100517-0



AからDまで順番に気になった所をまとめてみました^^


【A】
20100517-2


最近ではよく見る家族玄関とゲスト玄関を分けた玄関でした。

壁の裏のフックは便利そうです。
写真には写っていませんが
下の方には靴べらを掛けるようのフックもありました。

家族玄関とゲスト玄関は扉で
完全に隠すことができるようになっているにはやっぱりいいですね。




【B】
20100517-3


お風呂と洗面スペースですが、かなり現実的なサイズでした。

このスペースに洗濯機がないのがないのが少し変わってるといえば変わっている点。

お風呂の窓は大きく取るなら
すりガラスがいいなーと思っていたので、参考になりました^^
この高さだと防犯性がどうかな?と思いますが
掃除はしやすそうです。




【C】
20100517-4


ダイニングキッチン
ここでは収納の奥行が参考になりました。
(※きちんとメモらなかったので、多少サイズに誤差があるかもです^^;)

パントリーは奥行がありすぎると、何があるか分かりにくいので
浅いのがやっぱり便利かな?と思いました。
可動棚で高さも変えられるのががいいです^^b

キッチンの背面収納は、引出の中も食器が収納されていました。
普段よく使うのが上段、
あまり使わないものは引出の中という使い方?
私は扉があれば、全てオープン棚でもいいかな?と思っていますが
開けっぱなしでも、雑然としないのはこの方法ですね^^

ダイニングのキャビネット収納は、奥行があまりないので
圧迫感がなくていいなと思いました。
ちょうどA4サイズを余裕をもって置ける奥行というのも案外便利なのかも。




【D】
20100517-5


リビング
たたみコーナーと合わせて16.3帖ですが
もっと広く感じました。

必要なもの以外、外にものが出ていないと十分の広さに感じるものなんですね。
ダイニングも合わせれば24.6帖。
さらにキッチンを合わせると29.4帖。

ここまで合計するとやっぱり大きい^^;

テレビ台を埋め込むというのは新築のタイミングでのみ可能な技だなーと思いました。
前面に出ない分、スッキリしていました。
ただ、機器を変えるときの配線の計画もしっかりしておくことと
テレビ台を変えたいと思っても変えられないのはデメリット?





【E】
20100517-6


ランドリーと、二階にあった本棚です。

このランドリーの位置は、なかなかいいと思います。
サニタリースペースと場所も近いし、キッチンからも近いし。

洗濯終了の音が聞こえなくて
洗濯したのを忘れてしまうということもなさそう♪
(↑私だけ?)

本棚はちょっと変わっていて、斜めに本を入れるようになっていました。
もちろん特注ですが
斜めに入れることで奥行がその分少なくていいので
部屋が広く使えるというメリットがありそうです。
ほんの数センチでも、狭い部屋だったら、嬉しいかもしれません^^




最後に、サーラ住宅でいいなと思った工法をふたつ。
20100517-7


ターミメッシュシステム
シロアリの侵入防止のためのシステムです。
何が、画期的かというと「シロアリようの薬剤塗付が必要ない」こと。

シロアリ防止の薬剤は定期的に塗付が必要になりコストがかかりますが
このシステムだと、そのランニングコストがかかりません。

営業さんによると、オーストラリアで多く採用されている方式なんだそうです。
また、薬剤を使わなくていいのも魅力的だと思いました。


二重通気工法
床下ダンパーの開閉で、室内の空気の流れを調節するシステム。
なるべく冷暖房を使わずに、1年中快適に暮らすというコンセプトなんだそうです。

健康住宅をうたっているサーラ住宅らしい工法だと思いました。

ちなみに、このダンパーは自分で季節に合わせて開け閉めするそうです。



20100517-8


ハウスメーカーさんのカタログを拝見するたびに思うことは

ハウスメーカーで家を建てるということは

安心・快適を買う

ということだな~と思います。
保障や点検が充実しているし、耐火から防犯、断熱までバランスよく考えられています。
これは、素人ではどこまでしたら安心なのか分からない部分。
それがパッケージ化されているという点では魅力的だと思います。

ウチは、ハウスメーカーさんを選択しませんでしたが
そのぶん一生懸命、素人なりに勉強したいと思います^^


■ブログランキング参加中
最後まで読んでくださってありがとうございます。
皆さんのクリックが励みになっています。一日一回クリックしていただけると嬉しいです^^

blogram投票ボタン  ranking-fc

2009.10.11[日] ■モデルハウス見学 #3

auring-1

今回は、HPを見て気になっていたハウスメーカーさんへ。
ここは大手ではなく地元密着の
ハウスメーカーでいわゆる、中堅ビルダーというカテゴリーになると思います。
ご存知の方は少ないかと思いますが
欧倫ホーム”というハウスメーカーさんです。


いちばんの特徴は、基本が”注文住宅”だということ。
なので、これはオプションだから高いとか、そういった概念がありません。


建築士の方と一緒に建てるデザイン性の高い住宅
     +
ハウスメーカーの安心感



を提供したいとのことで、
『ヒアリング、模型製作、仕様決め』まで決まってからの契約とのことでした。
ここまで終わってるとおおよその費用も分かるので安心ですね。


auring-2



正直、展示場の家はピンときませんでしたが、
実際に建てた家の写真の中にはいいなと思うようなものもあったので
もうすぐ建つ家を見せていただくことにしました。


ハウスメーカーが監督して造る家と、
設計事務所が監督して造る家の違いを見てきたいと思います^^




■ブログランキング参加中
最後まで読んでくださってありがとうございます。
皆さんのクリックが励みになっています。一日一回クリックしていただけると嬉しいです^^

blogram投票ボタン  ranking-fc

Welcome

お越しいただき
ありがとうございます。

プロフィール

ru:ri

Author:ru:ri
夫、私、義母の3人暮らし。

建築設計事務所にて
「シンプルだけど
どこか温かみを感じる家」
をテーマに建築し
2011年8月に完成しました。

気持のいい「空間」
使いやすい「収納」
シンプルで温かみのある
「インテリア」を目指した
家づくりを続けます☆”

…………………………………
記事につきましては
予約投稿のため実際と時期が
ズレることがあります。
ご了承ください<(_ _)>

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
blogram投票ボタン あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

お気に入りのお店



大きな家具から
小さな雑貨まで充実☆
テイストの幅も広いです。


郵便受け・ポスト専門店のポストショップオンライン
ポスト選びに迷ったらココ☆
国内外のブランドが揃っていて
送料も全品無料です。

木と暮らしネットワーク
我が家のダイニングテーブル
ダイニングチェア
寝室のチェストは
こちらのお店で購入しました。
セラウッド塗装や
フルオーダーも可能です☆


お掃除★ソムリエ
落ちないと思っていた汚れが
スッキリ落ちる洗剤が
揃っています。
私もいくつか愛用中です^^
>>ブログ記事

Copyright © ru:ri