家づくり手帖

Category : 家具類

2014.09.12[金] ■張り替えました。

20140911-1.jpg


ダイニングチェアの椅子の座面の一部が破れてしまいました。

破れたのはいちばん使用頻度が高い
夫がPCカウンターテーブルで使っている1脚だけだったので
自分で張り替えに挑戦してみることにしました。




まずは布選び。
柄モノなんかにも惹かれましたが隣にあるバランスチェア・イージーとの
相性も考えて、飽きがこなさそうで、無難な色の無地のものを選択。

20140911-2.jpg


丈夫な生地だと、単色のものが多かったのですが
単色は汚れなどが目立ちやすそうだったので、麻とコットンで織られた
雰囲気のある先染めの生地にしました。

サラッとして気持ち良く、暑がりの夫にピッタリ^^




ということで、張り替えたときの手順の記録になります。

1:六角レンチで椅子座面を固定しているネジを外す↓

20140911-3.jpg


ふたつ留められているだけの椅子だったので
とても簡単に外せました。




2:外した座面の裏側にタッカーで留められた、黒色の不織布のカバリングの
  針をマイナスドライバーなどで取り除く

20140911-4.jpg


これはコツをつかむとマイナスドライバーのみで間に合いますが
最初は、片側だけ針が残ってしまうことが多く
そういった時はペンチで抜きました。

けっこう力もいるので、できれば男性にやってもらった方が良いです。
私は途中で挫折し、夫にバトンタッチしました…。





3:不織布のカバリングを外し、下に新しく張る布を当てた写真↓

20140911-5.jpg


本当は、元のベージュのカバーも取らないといけないのですが
今回は外さずに、上からそのまま張ることにしました。




4:タッカーで布を座面に張っていく↓

20140911-6.jpg


この作業は、ひとりだとキレイに張るのはちょっと難しいかも。
ひとりが布を引っ張って、もう1人がタッカーを打つと手際よく進められます。

使ったタッカーのタイプが上から叩いて芯を打つタイプだったこともありますが
布を引っ張る人の手を誤って打つことがないよう
布は少し大きめに切っておくことをおススメします。




5:余分な布は最後に適当に切って、最後に不織布のカバリングを張ります↓

20140911-7.jpg


本当はもっと布地の際を留めていきたかったのですが
もとの座面の布を外さずに留めたので
留める場所がけっこう内側になってしまいました。

不織布のカバーもシワがはいっちゃってるし見栄えも悪いけど
裏側は見えないし…良しということに^^;




座面を椅子のフレームに戻して、完成☆

20140911-8.jpg


表側はピンっとキレイに張れました^^




今までよりもかなり座面の色のトーンが暗くなったので
椅子の雰囲気も随分変わりました↓

20140911-9.jpg


どっちの雰囲気もそれぞれに好きだけど
新しい生地は男性っぽい落ち着いた雰囲気の椅子になった気がします。




アップで↓

20140911-10.jpg


アールの部分も比較的しわが寄らずにきれいに張れ
初めてにしては上出来と、自己満足しています^^
裏側はひどいことになっていますが…




こんな感じで使っています↓

20140911-11.jpg


椅子の座面が1脚変わっただけですが
カウンター周りの雰囲気が変わって新鮮です。

また、いずれダイニングテーブルで使っているほうも
同じように張り変えないといけない日が来ると思いますが
正直1脚なら頑張れるけど、4脚いちどに…となると大変そうだな~と思っています。
やっぱりプロにお願いすべき?


こんなカバーを自分で作るのもありかも!
タッカーを外したりする手間がないし、これなら洗濯も可能ですね↓


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

2013.08.21[水] ■ダイニングテーブルについて、お知らせ

20130821-1_2013081414555668f.jpg


ウチのダイニングテーブルは
木と暮らしネットワークさんで天板にだけ、セラウッド塗装をしていただいた
シキファニチャの「モリスDテーブル」です。


セラウッド塗装については過去の記事をご参照ください
■セラウッド塗装をした「ダイニングテーブル」の使い心地



お知らせは「天板の巾剥ぎの材料」についてです。

20130821-2_201308141455596a0.jpg


こんなふうに、約12センチの板が巾剥ぎされているのですが
ウチのテーブルは「柾目」が多目に出ている巾剥ぎです。

ただ、これはたまたま「柾目」が多かったというだけで
メーカーでは柾目と板目という基準は特になく
「モリスDテーブル=柾目巾剥ぎ」というわけではないとのこと。

そしてもちろんのことですが、プリント合板ではなく
自然素材ですので、柾目でも板目でも板の表情は全て異なります。




またお店の方によると、現在アメリカの広葉樹は全て板目挽きの板なのだそう。

なので、シキファニチャさんだけでなく
ほとんどのテーブル家具は板目巾剥ぎが主流となっているのだとか。

20130821-3_20130814145602003.jpg


私のブログの写真では「板目」の部分があまり目立たなかったようで
「柾目」のテーブルだと思って注文したら違っていて
お店の方へ問い合わせがあったとのことだったので
こうして記事にさせていただきました。

私自身が「板目」「柾目」にこだわっていなかったということもありますが
こういった視点でテーブルをお探しの方にとっては
情報が不足していましたことを、お詫び申し上げます<(_ _)>
私も今回このようなことを、初めて知り勉強になりました。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2012.12.06[木] ■チェストにオーダーした仕様

昨日の記事の続きです。

20121206-1


かなり細かなところまで、紙に書いて仕様をオーダーしましたが
デザイン的にお願いしたのは

・全体的なイメージ
 →シンプルで甘め


・木の色
 →ベッドに合わせた、カバ桜かそれに準ずる色合いのもの


・扉のデザイン
 →ベッドに合わせ、細い板を何枚かはめ込んだデザイン


・脚高
 →ルンバが入る高さの脚を付ける


ということ。

木は、タモと黒檀の2種類が使われることになり
甘いデザインの中に、黒檀の黒色がピリッと効いていてお気に入り。
ちょっと渋さがプラスされたことで
年齢を重ねても飽きなさそうなデザインだな~と思います^^




仕様的にお願いしたこともいろいろありますが
ひとつ目は「スッキリ配線」。

電化製品を上に置いたときに配線のコードが見えないようにしつつ
ぴったり壁に家具をくっつけられるようにしてもらい
コードをいちいち抜き差ししないでもON/OFFが出来るようにお願いしました。

上からみた写真↓
20121206-2

黒檀の部分の小さな穴から電源コードが出てきます。



そして黒檀が使われている天板の部分が写真のようにひらきます↓

20121206-3

この中に電源タップを仕込んでおけば
コンセントを抜かずに、電源のON/OFFが出来て節電になります。

開け閉めを頻繁にする部分なので
強度的にも黒檀が使われているのは理にかなっていそう。



たくさんの電気コードがあっても、家具をピッタリ壁に付けられるように
裏面は写真のようにすこし、凹ましてもらっています↓
20121206-4


ちょうど凹ましてもらった部分にコンセント口があるので
コンセント口にコーナータップを付けておけば、ぴったり壁にくっつけることが出来ます。

細かなところですが、見えない背面まで無垢材が使われているのも
嬉しいポイントです^^

今はまだ、何も電化製品を置いていませんが
将来的にはアロマディフューザー(妻希望)やテレビ(夫希望)が置かれるかも。




続いてお願いしたのが引き出しの中の仕切り↓
20121206-5


これは津田さんが以前作られたドレッサーで見て、一目ぼれした仕様。

写真のように、仕切りを入れるモノによって変えられるようになっているので
収納するものが変わっても、対応してくれます^^

ブリーチやヘアアクセ、コサージュ、アロマオイルなどなど
細かなモノを収納するのに、とても便利です。




最後は開き扉の中の棚。

20121206-6


扉は観音開きで、2枚ですが中は3つに仕切ってもらい
可動棚にしてもらいました。

3つに仕切ったことで、棚ごとに収納するもののカテゴリ分類ができるので
2つ仕切りよりも私は整理整頓がしやすいです。

特に可動棚の穴の数は指定しなかったのですが
内寸高377mmのなかに、7穴も!
そのおかげで、かなり細い棚高の調整でき
無駄なく庫内を使うことができたので、とてもありがたかったです^^

こういったところは、さすが女性の家具作家さんならではの配慮だな~と思いました。



長くなりましたが、自分で考えた仕様がこうして形になるのは
オーダーメイドならでは。

全てが思い通りの仕上がりでとても満足しています^^

改めて、素敵な家具に出会わせてくださった
木と暮らしネットワーク」の熊谷さんと
Tickle27 Furniture」の津田さんに厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

一生、大切に大切に使わせていただきますp^^q


明日は実際に収納した様子をお届けする予定です。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2012.12.05[水] ■オーダーした家具が届きました。

11月の半ば過ぎに、寝室用にとオーダーしていた念願のチェストが届きました。

20121205-1


新居に住み始めてから、ことあるごとに
寝室に置くチェストを探していたのですが、なかなか理想のものに出会えず。

1年が経過したころに、ダイニングセットを購入したお店
木と暮らしネットワーク」さんに相談させてもらったところ
伊賀上野に工房「Tickle27 Furniture」を構えられているオーダーメイド家具作家の
津田佳恵さんを紹介いただきました。

どんな作品を作られる方なのかな?とHPを見たら
思い描いていたイメージとピッタリな雰囲気の家具を作られていて一目ぼれ。




どんなに時間が掛っても、この方に作っていただきたい!と思い
作って頂いたので、感動もひとしおです。

20121205-2


「オーダーメイド家具」と聞くと「高い」というイメージがありますが
木材の卸業を本業とされている「木と暮らしネットワーク」さんを通して
注文させていただいたことで
フルオーダーメイド家具としてはかなりお値打ちな価格で作って頂くことができました(o^-^o)

取っ手と天板の一部に使われている木は「黒檀」。
これだけしっかり濃く黒い部分が多い黒檀は珍しいと思いますが
お店に端材があったということで、アクセントに使っていただけたようです。
卸売業をされている強みですね^^




オーダーメイドということで、大きさや希望する仕様などは絵を描きました↓
20121205-3


かなり細かな部分まで詳細にオーダーしたのですが
希望していた仕様部分もバッチリ☆

デザインについては、津田さんを信頼していたので
大まかな雰囲気だけお伝えして、あとはお任せしました。




結果、予想以上に素敵なチェストを届けていただき
毎日用もないのに、寝室に家具を眺めにいってます(笑)

20121205-4


また納入日には木と暮らしネットワークさんと一緒に
家具作家の津田さんにもお会いすることができ、とっても嬉しかったです。

緊張してしまって、もっといろいろ聞きたいことがあったはずなのに
話せなかったのが心残りですが…orz

家具作りを通して、様々なプロジェクトに参加され活動されている津田さん。

気さくで飾らない、柔らかな人柄は、創られる家具の雰囲気に通じていて
家具を眺めるたびに津田さんの笑顔がふわっと目に浮かんできます。

同じ女性として、とっても応援したくなる素敵な女性でした。


明日は、家具の仕様の詳細について紹介させてください^^
津田さんの丁寧なお仕事が光ってます☆


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

2012.10.19[金] ■セラウッド塗装をした「ダイニングテーブル」の使い心地

我が家のダイニングテーブルは天板だけ
輪染や紫外線に強く限りなくメンテナンスフリーの「セラウッド塗装」をしています。

20121019-1


理想はオイル仕上げでしたが、ダイニングテーブルは現実問題
オイル仕上げだとキレイを保つには、それなりにメンテナンスが必要。

ビニールクロスなどを掛ければ、輪染みなどは防げると思いますが
それじゃ、オイル仕上げにした意味がないと個人的には思うので
そういった選択肢はありませんでした。

または輪染みも味!と思うことが出来ればオイル仕上げでも良かったのですが
たぶん気になってしまう性格だし
正直、気になるたびにメンテナンスをするのも面倒。

そうすると良く聞くのは「ウレタン塗装」なのですが
ウレタン塗装の手触りとツヤが苦手だったことと、経年劣化の仕方が好きじゃなかったので
自分なりにいろいろと調べて「セラウッド塗装」に行き着きました。



と、前置きが長くなりましたが
実際に使って1年以上が経過したので
時折いただくご質問に答える形で使い心地レポをしてみたいと思いますp^^q




①本当に輪染みは付かないのか?
20121019-2


今のところ、付いていません。
普通に使っている分には、まず輪染みが付くことはないかなと思います。




②紫外線に強いって本当?
20121019-3


テーブルの脚や椅子はオイル仕上げなので
日焼けによる色の経年変化の差を心配していましたが
色の変化の少ないナラを選んだせいか、色の変化に大差がないように見えます。

またテーブルの上には花器がたいてい置かれていますが
そこだけ跡になったりということもありません。




③傷にも強いのか?
20121019-4


食器を引きずると普通に傷が付きます。
良く見ると、細かな傷が表面にたくさんありますが、私は気にならない程度です。

ちなみに凹みに強いかは、
いまのところ重いものをテーブルに落としたことがないので不明ですが
キズ同様に、樹木の強さに比例して凹むと思います。

塗装は、汚れを防止するものであって
「キズ」「凹み」を防止するものではないので仕方ないですね。




④艶消し塗装は本当に艶がないのか?
20121019-5


ウチは3分艶(7分艶消し)でお願いしましたが、光の加減によっては艶を感じます。

一般に「艶消し塗装=7分艶消し」だそうで
完全な艶消し塗装だと塗装が薄くなり、塗装の効果が薄くなってしまうのだとか。

ソープ仕上げのような質感を求められる方だと、気になる艶感だと思います。

また、手触りもオイル仕上げの部分と比べるとまったく一緒とは言えませんが
でもウレタン塗装のような被膜感?はなく、
オイル仕上げに近い、木の質感が感じられると思います。


人によって塗装のこだわりは様々だと思いますが
私は、セラウッド塗装をして良かったなと感じながら使っております。


ダイニングテーブルの詳細は下記リンク先の過去の記事をご参照ください<(_ _)>
■ダイニングテーブル・大決定!
■「木の暮らしネットワーク」さん



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。

Welcome

お越しいただき
ありがとうございます。

プロフィール

ru:ri

Author:ru:ri
夫、私、義母の3人暮らし。

建築設計事務所にて
「シンプルだけど
どこか温かみを感じる家」
をテーマに建築し
2011年8月に完成しました。

気持のいい「空間」
使いやすい「収納」
シンプルで温かみのある
「インテリア」を目指した
家づくりを続けます☆”

…………………………………
記事につきましては
予約投稿のため実際と時期が
ズレることがあります。
ご了承ください<(_ _)>

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
blogram投票ボタン あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

お気に入りのお店



大きな家具から
小さな雑貨まで充実☆
テイストの幅も広いです。


郵便受け・ポスト専門店のポストショップオンライン
ポスト選びに迷ったらココ☆
国内外のブランドが揃っていて
送料も全品無料です。

木と暮らしネットワーク
我が家のダイニングテーブル
ダイニングチェア
寝室のチェストは
こちらのお店で購入しました。
セラウッド塗装や
フルオーダーも可能です☆


お掃除★ソムリエ
落ちないと思っていた汚れが
スッキリ落ちる洗剤が
揃っています。
私もいくつか愛用中です^^
>>ブログ記事

Copyright © ru:ri