04 2009

■靴も秋仕様

20090904

暦も9月になったので、靴の衣替えをしました。

私の靴の衣替えの基本サイクルはこんな感じです。
 
 6月~8月…サンダルかミュール
 9月~10月…秋色の色目の靴
 11月~2月…ブーツかベロア素材の靴
 3月~5月…明るい色目の靴

今回は9月なので秋色の靴を出しました。


カーキ色のクロックスのスエードアリスは雨の日やたくさん歩く日に。
表面の加工がクロックスっぽくなく気に入っていたのですが、
このモデルは生産中止なんだそうです。それを聞き、ブラックも買い足してしまいました。
  

----------------------------------------------------------------------

マリープリエのつま先がスクエアの靴は黒に近い深緑で何にでも合います。
※写真は色違いです。
[マリープリエ] Marie Plie カッタースポーツ MRP1061[マリープリエ] Marie Plie カッタースポーツ MRP1061


----------------------------------------------------------------------
クロールバリエのバレエシューズはベージュのエナメル素材で
リボンがスエードなので秋にピッタリ。しかも歩きやすい!
↓同じものはなかったので似たものです。
  
----------------------------------------------------------------------
バスクラフトの黄色のローファーはカジュアルな服装のときの刺し色に。春にも履きます。
※写真は色違いです


----------------------------------------------------------------------


どの靴もヒールは3センチ以内。
ハタチくらいのころは背が低いのもあって平気で
ピンキー&ダイアンなどの10センチを超えるヒールのものを履いて歩いていましたが、
今は歩けません。

どうして平気だったか不思議です(××;)



私はお気に入りの靴を長く履きたいほうで、
値段的には1万~2万円前後の靴を選ぶことが多いです。
靴としてはそんなに高価なものをのもの履いているわけではないのですが
毎年しっかりお手入れをしてから仕舞っています。

■長く履くため私が選ぶポイントは3つ

 1・ヒール部が巻革ではなく木のもの
  →よくひっかけて革がめくれてしまうので^^;
 
 2・ヒールの先のゴム(リフト)が交換しやすいもの
  →全面ゴムのものは直しの金額がかかります(←せこい)

 3・歩いて痛くならない靴
  →痛い靴は結局、どんな高価な靴でも履かなくなってしまいます


素材については、バスクラフトクロールバリエ、クロックスのような
革でなくても履き心地のいい靴に出会ったのがきっかけで
昔は『革』しかダメだと思っていたのですが、最近は柔軟になりました。

天候を気にせず履けるのも人工素材のいいところですね^^b


クロールバリエ、バスクラフトはデパートでも売っていますが
楽天にもお店があります。
私は実店舗で履き心地や色を確認してからこちらのお店で購入をしています。
アウトレット品やセールも多いのでわたしの要チェックサイトです☆
サイズが21.5~22センチの私でもデザインが選べるのも嬉しいポイントです^^
バスオンラインショップ


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。