■細長いぞうきん

20200803-1.jpg


「シャーリング地」の古タオルで細長いぞうきんを縫いました。
上の写真は半分に畳んだところ。

基本的なぞうきんの縫い方はいつもと同じ。

■雑巾づくり

古くなったリネン類はウエスとして使いますがウエスにするときは使いやすい大きさに切って使っています。ただ、タオルは切るとポロポロと端から糸くずが出てしまい始末が悪いのですよね。ということで、今年の初ミシンは「雑巾」づくり。思い返せば、初めて母にミシンの使い方を教えてもらって縫ったのは学校に持っていく用の雑巾だった記憶が。もうずっと雑巾を縫う機会もなくすっかりどう縫っていたかも忘れてしまっていたので縫...


この縫い方がいちばん縫いやすくて、気に入っています。




今回は二つ折りにしやすいよう、中央にステッチを入れたのがポイント。

20200803-2.jpg


これは、友人が作ってくれた鍋つかみからヒントをもらったのですが
こうしてステッチを入れておくと、自然にきれいに折り畳めるのです^^




水栓のからぶき用として使っています↓

20200803-3.jpg


少し前に、パイル地でも作ったのですが
使っているうちに、長細い形状だったらもっと拭きやすいかも…と思うようになり
さらに水栓を乾拭きしやすい、シャーリング地に変更。

これが大当たり。
マイクロファイバーが本当はベストだけど、シャーリング地もかなり優秀。

しっかり絞った台ふきでサッと水気を拭きとった後で
完全に水気を取るために乾拭きをしているのですが
パイル地よりも、簡単にピカピカになります(^^♪




いつでもサッと使えるように、定位置は手拭きの隣。
長細いままだと邪魔になるので、半分に畳んだ状態で掛けています。

20200803-4.jpg
左から「食器拭き・手拭き・水栓乾拭き」用タオル


シャーリング地のタオルはパイル地に比べると吸水がよくないので
水拭き用ぞうきんとして使うには不向きですが、乾拭き用におすすめです◎

古タオルは、そのまま捨ててしまえばそれまでだけど
こうしてひと手間かけて雑巾にすれば、まだまだ家の中で大活躍。

洗い替えも含めて何枚か縫ったので、しばらく重宝しそうです^^

タオル類をかけているバーはこちらの中のひとつ↓


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト



■7月の外庭 -2020- 

20200731-1.jpg


私が住む愛知県でも連日一日当たりの感染者数が過去最多を更新したりと
確実に第2波の来ていると感じるこの頃。

一時期は、このまま落ち着いてくれるのかなという雰囲気もありましたが
まだしばらくはwithコロナが続きそう。

油断せず、今まで通り外出時は3密をできるかぎり避けて
マスク、手洗い、消毒を徹底して感染しないようにと
改めて気を引き締めています。




コロナの影響で人の営みは変わっても、自然の営みは変わらず。

花がめっきり少なくなくなっている7月の庭の中で
唯一満開なのがランタナです↓

20200731-2.jpg


けっこう毎年大胆に切り戻すのですが
次のシーズンにはトップ画像のような大きな株に育つ丈夫な植物です。




今年は豊作の予感がするいちじく↓

20200731-3.jpg


まだ色づいていないけれど、実はかなり大きなものが
たくさんなっています。

牛乳に、皮ごとのいちじくと、バナナと一緒に入れジューサーつくる
ジュースが毎年の楽しみです^^




ようやく復活してきたブラックベリー↓

20200731-4.jpg


かなり強く剪定したこともあり
まだジャムをつくるほどの実はなりませんが
朝のフルーツヨーグルトの色どりに◎




家庭菜園もボチボチ順調に育っています。

20200731-5.jpg


今年はピーマンが早いうちから収穫できていて
ナスときゅうりは、イマイチ。
ミニトマトはいつも通り、豊作です。

オクラは写真を撮った時はまだかなり小さいですが
もうそろそろ収穫できるかな~といったくらいに育ってきました。

今年は夏になっても夏野菜を含め野菜の価格が全体的に高めなので
家庭菜園のありがたみを例年よりも感じています。


素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。