21 2018

■冬アニメ 2018





密かにシリーズ化しているお気に入りアニメの紹介です。
今季は、いちばん先が気になっている「ダーリン・イン・ザ・フランキス」。

2クールの放送が決定しているようですが
回を追うごとに面白くなり、楽しみなアニメです。




あらすじ~wikiより

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって
地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くため、
人類は巨大移動要塞都市を建造し、その中で生活していたが、
謎の巨大生物「叫竜」が出現し、平和を脅かしていた。
これに対抗するため、天才科学者集団「APE」は「フランクス」という
男女二人乗りの巨大兵器を開発。
そのパイロット「パラサイト」とするためだけに
名前ももたないコドモ達を育成していた。







カテゴリとしては、エヴァンゲリオン系のロボットアニメですが
ロボットが女性っぽいシルエットデザインで、表情があり
男女2人で1体操縦するという点が特徴かな。

最初に観たときは、この設定どうなの…と思うような
変な設定もあり「う~~~~ん」となりましたが、慣れました!(笑)

そしてそんな設定が気にならないほど、ストーリー展開が面白い!




ちなみにヒロインは主人公のことを「ダーリン」と呼びます。
そして「ツノ」が生えている。。。

同世代の方なら分かってもらえると思いますが
「ダーリン」&「ツノ」といえば「うる星やつら」のラムちゃんの
イメージが強すぎて、これも最初は違和感が^^;

どうでもいいですが、「うるせいやつら」と打って変換したら
1発で「うる星やつら」と出てきました。IME…スゴイっ。





ヒロインはラムちゃんのような宇宙人設定ではありませんが
主人公たちが戦う「叫竜」の血を引くという設定で、純粋な人間ではなく
自己中でわがまま、でも可愛いところもあったりするのは
現代版ラムちゃんといってもいいような?
(※ダーリン・イン・ザ・フランキスはギャグ漫画ではありません)




いろいろな「情報」から遮断され、「叫竜」を倒すためだけに育成された「コドモ」。
「オトナ」を「パパたち」と呼び、「神」のように純粋に信じて
「パパたち」に必要とされることだけが、自分の存在価値であり
必要とされなければ、自分の居場所を見いだせない「コドモ」たち。



公式PV(こちらを見ると私の説明よりも、世界観がよく分かると思います)


今後きっと、徐々に遮断されている「情報」を知ることで
知らなかった「感情」や「気持ち」が芽生え、いろいろなことに気づいて
「絶望」や「不条理」を認識していくんだろうなと思いますが
そこに思春期の恋愛感情を絡めていく展開になりそう。

原作などがないオリジナルアニメなので先が読めないのも◎
原作があると、面白ければ面白いほどネタバレが読みたくなっちゃうのですよね^^;
「叫竜はそもそも何で生まれた?」「主人公のことをパパたちが特別扱いする理由は?」
「オトナになったコドモはいないってどういうこと?」など
まだ分からないことが多いので、それが徐々に明かされていくのも楽しみ。

そんなわけで、2クールということもあり
制作にも力が入っているのが伝わってくるので、今後も楽しみです。

エヴァンゲリオンなど、ロボットは出てくるけど
どちらかというとそれに乗る人間の気持ちや人間関係などを
丁寧に描いていくようなアニメがお好きな方におススメです☆


他に観ている冬アニメ↓
  
「オーバーロードII」は続き。もっとグロテスクに描かれるのかと思ったけどそうでもなかったです。
「恋は雨上がりのように」80年代の絵を彷彿とさせる絵が懐かしい。宇宙兄弟の六太と同じ声優さんが◎
「魔法使いの嫁」秋からの継続アニメ。相変わらず美しい世界観です。


  
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」基本1話で完結する、良質アニメ。絵もキレイ。
「3月のライオン」原作も読んでいますが、アニメになっても面白い。
「りゅうおうのおしごと!」3月のライオンと同じ、将棋アニメですがこちらは女流棋士より。



素敵で勉強になる家がいっぱい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
私も参加しています☆ポチっと応援いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト